2016年09月 一覧

初開催!アーティストと参加者がともにつくる芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」

初開催!アーティストと参加者がともにつくる芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」

【埼玉県】今年初めての開催される、さいたま市内で行われる国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」が今週末開催されます。開催期間は2016...

記事を読む

江戸期に建てられた町家とアートの融合。「BIWAKOビエンナーレ2016~見果てぬ夢~」

江戸期に建てられた町家とアートの融合。「BIWAKOビエンナーレ2016~見果てぬ夢~」

【滋賀県】江戸の風情と現代アートが2年に1度出会う国際芸術祭「BIWAKOビエンナーレ2016~見果てぬ夢~」が現在開催中です。開催期間は2...

記事を読む

藤田嗣治の思考と“被写体に注ぐまなざし”を再検討。巡回展「レオナール・フジタとモデルたち」

藤田嗣治の思考と“被写体に注ぐまなざし”を再検討。巡回展「レオナール・フジタとモデルたち」

【千葉県】佐倉市のDIC川村記念美術館では、レオナール・フジタこと藤田嗣治の描いた「モデル」にも焦点を当てた展覧会「レオナール・フジタとモデ...

記事を読む

秋田県立近代美術館で妖しく幻想的な世界を回顧する。「橘小夢とその時代 -幻の画家、ふるさとに咲く」

秋田県立近代美術館で妖しく幻想的な世界を回顧する。「橘小夢とその時代 -幻の画家、ふるさとに咲く」

【秋田県】「幻の画家」「悲劇の画家」「怪奇美の画家」などとも言われ、大正から昭和初期にかけて活躍した秋田出身の画家・橘小夢(たちばな-さゆめ...

記事を読む

平塚市美術館で“戦争と平和”をテーマにした作品約200点。「香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治」

平塚市美術館で“戦争と平和”をテーマにした作品約200点。「香月泰男と丸木位里・俊、そして川田喜久治」

【神奈川県】洋画、日本画、写真の異なる手法から、三様の戦争に対するまなざし。平塚市美術館では、開館25周年記念の企画展として「香月泰男と丸木...

記事を読む

江戸絵画ファンに捧げる美の祭典。静岡県立美術館で「徳川の平和(パクス・トクガワーナ) 250年の美と叡智」

江戸絵画ファンに捧げる美の祭典。静岡県立美術館で「徳川の平和(パクス・トクガワーナ) 250年の美と叡智」

【静岡県】江戸絵画の名品・傑作を一堂に集結。-開館30周年記念展として、静岡県立美術館では、「徳川の平和(パクス・トクガワーナ) -250年...

記事を読む

広島にオープン!「神勝寺 禅と庭のミュージアム」名和晃平によるアート施設も。

広島にオープン!「神勝寺 禅と庭のミュージアム」名和晃平によるアート施設も。

【広島】福山市の山間に位置する天心山神勝寺(てんしんざんしんしょうじ)の敷地内に、「神勝寺 禅と庭のミュージアム」が2016年9月11日(日...

記事を読む

当時の近代都市・パリの街なみに焦点。「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線」

当時の近代都市・パリの街なみに焦点。「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線」

【神奈川県】ポーラ美術館では、展覧会「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線」が開催されます。会期は、2016年9月10日(土)...

記事を読む

12年ぶりに アメリカを魅了した“江戸の朝顔”がやってきます!「鈴木其一 江戸琳派の旗手」

12年ぶりに アメリカを魅了した“江戸の朝顔”がやってきます!「鈴木其一 江戸琳派の旗手」

【東京23区】琳派様式を江戸で再興した、江戸時代後期の絵師・鈴木其一(すずききいつ、1796~1858)の大回顧展「鈴木其一 江戸琳派の旗手...

記事を読む

テーマは「山は語る」。山形市で開催される23日間!「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」

テーマは「山は語る」。山形市で開催される23日間!「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ2016」

【山形県】以前、東北芸術工科大学が主導した「絵本作家と市民による共同プロジェクト」を紹介しましたが、今日からその東北芸術工科大学が主催する地...

記事を読む

1 2
トップへ戻る