8月、超大型書店「丸善 京都本店」グランドオープン! 初代店舗は梶井基次郎『檸檬』にも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【京都府】昨日、第153回芥川賞・直木賞が発表されましたが、今回は京都で書店が復活することを取り上げました。梶井基次郎の小説『檸檬』に登場する京都丸善が、2015年8月21日(金)に蘇るそうです。

PhoTones Works #5907

丸善の棚に檸檬一つを置いてくる

生活がまだむしばまれていなかった以前私の好きであった所は、たとえば丸善であった。(「檸檬」梶井基次郎 青空文庫より

 この後も「丸善」の言葉が6回登場します。


 100万冊の書籍を在庫とし、カフェも併設されるそうです。

登場する書店・丸善は当時、三条麩屋町付近にあった初代店舗である。丸善・京都店にはレモンを置き去る人があとを絶たなかったといわれる。現在は、河原町通蛸薬師上ルにあった2代目の店舗も2005年(平成17年)10月に閉店された。(Wikipediaより)

梶井基次郎(明治34年-昭和7年)

大阪の生まれ。胸を病みながらも冷静に自己を凝視し、鋭敏な感覚的表現で珠玉の短編を残した。(gooデジタル大辞泉より)

 31歳という若さで、肺結核で亡くなられました。

 個人的には、ちょうどそれこそ雑誌「ダ・ヴィンチ」で映画監督・岩井俊二さんのインタビュー記事を読み、当時この小説のことをふれてまして、小説自身読んだ記憶があります。

インフォメーション

店舗名:丸善 京都本店
住所:京都市中京区河原町通三条下ル山崎251 京都BAL 地下1階・2階
開店日:2015年8月21日(金)
営業時間:11:00~20:00
取扱商品:和書、洋書、文具、カフェ併設

ちなみに…
併設するカフェでは、作品にちなんで、レモンのスイーツが限定販売する予定だとか。
エルマガジェイピーより)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る