来年2016年春。長岡の花火を描いた「現美新幹線」が走る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【新潟県】新幹線車内で現代アートが楽しめる「GENBI SHINKANSEN」(現美新幹線)が上越新幹線で、来年2016年春に運転を開始するそうです。外装は、長岡の花火を描いたデザインで、手掛けたのは・・・

長岡大花火大会(2011.8.2)

走る美術館「現美新幹線」

車両の外装・外観は蜷川実花さんがプロデュース。夏の夜空を彩る長岡の花火がでっかく描かれています。(ギズモード・ジャパンより

 車内インテリアは、車両ごとに異なる現代アーティストが制作するそうです。
制作アーティストについて詳細は公式サイトの、コチラをどうぞ。


 区間は、上越新幹線「越後湯沢~新潟間」を予定されているとの事。


 現新潟県知事(17・18・19代)のtwitter発言を引用させていたきました・・・
ちなみに、カフェは13号車で、魚沼産コシヒカリや佐渡バターなど新潟県の特産品や、燕市のコーヒー(ツバメコーヒー)などを提供。

インフォメーション

名称:「GENBI SHINKANSEN」(現美新幹線)

公式サイト

プレスリリースは、コチラ(pdfデータ)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る