千葉市美術館、ホキ美術館に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【千葉県】以前「展覧会ニュース」でも取り上げた千葉市美術館で開催中の杉本博司「趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」に先週末行ってきました。そして同じく千葉県にある写実画専門のホキ美術館にも訪れてきました。

杉本博司、国内約3年ぶりの大規模個展。そして自身のコレクションとの空間構成。
【千葉県】千葉市美術館では、開館20周年記念展として杉本博司「趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」が開催されます。会期は、2015年10月28日...

*展覧会の方は会期が終了しております。

 今回は、東京からJR総武線で千葉市美術館の最寄りの駅・千葉駅を目指しました。
千葉駅

 駅から美術館までの道案内も町中に多く出てますが、千葉市美術館サイトでも周辺地図が掲載されてます。コチラの道順が一番わかりやすいかもしれません。詳細はコチラ
千葉市美術館道案内

千葉市 ちばし Chiba 單軌電車

「公共建築百選」にも選出

千葉市美術館は、中央区役所との複合施設として設計・建築されました。
建物を象徴するのは1-2階のさや堂ホールで、昭和2年に建てられた旧川崎銀行千葉支店の建物を保存・修復、さらに現代の文化活動に対応できるスペースとして改修されました。(千葉市美術館サイトより

 展覧会の告知も大々的に張り出され、1階のホールでは別イベントの演奏会も行われていました。
千葉市美術館外観

 さて今回の杉本博司「趣味と芸術-味占郷/今昔三部作」は、2部構成の展覧会でした。
まず8階「今昔三部作」を鑑賞することとしました。

「今昔三部作」では、杉本の代表作というべき3つの写真シリーズ、《ジオラマ》(1975- )、《劇場》(1975- )、《海景》(1980- )を、ニューヨークの杉本スタジオからお借りした16点の大判プリントにより展観します。(千葉市美術館サイトより

 まず最初に、《海景》シリーズがお出迎え。ちなみにこの展覧会では写真撮影が可能でした!(注意事項もありますが。)
海景シリーズ

 ロックバンドU2のボーカル、ボノが杉本氏のファンで、海景シリーズの中の一作品がアルバムジャケットに使用もされたそうです。(詳細:Wikipedia
海景シリーズUP
 
 劇場シリーズは、7点展示。
*すみません。日本初公開の『テアトロ・デイ・ロッツィ、シエナ』写真撮ってませんでした・・・作品の画像は、プレスリリース(pdfデータ)の4ページ目をご覧下さい。
劇場シリーズ

 ジオラマシリーズの『オリンピック雨林』も日本初公開でした。
ジオラマシリーズ

 次に、7階の「趣味と芸術-味占郷」へ。
杉本氏が『婦人画報』での連載「謎の割烹 味占郷」の中でゲストのためにデザインした床飾りが再現されておりました。
*会場には、記事の抜粋もパネルで展示されていました。

 まずは、自身の作品『華厳滝図』がお出迎え。写真が掛軸で展示。
華厳滝図
 左は、堀口捨己の短歌の書かれた掛軸とキリスト胸像。右は、白隠の禅画にすり鉢!
趣味と芸術2
 
 左は、月面写真でお月見? 和洋折衷取り入れた古今の名品・珍品の取り合わせの展示で大変楽しかったです!
趣味と芸術3

趣味と芸術4
 こちらは、『月下紅白梅図』(2014年)。MOA美術館の依頼より制作された尾形光琳「紅白梅図屏風」を撮りおろした作品。(詳細:MOA美術館サイト
趣味と芸術5

インフォメーション

会場名:千葉市美術館
住所:千葉県千葉市中央区中央3-10-8

美術館サイト

会期は、2015年今月12月23日(水・祝)までです!

 その後、千葉駅に戻り、JR外房線でホキ美術館の最寄りの駅・土気(とき)駅を目指しました。時間で約20分はかかります。
外房線

 さらに、土気駅から美術館までは徒歩ですと15分近くかかります。駅からはバスの方が便利かもしれません。アクセス詳細は美術館サイトよりコチラ
土気駅

 個人的には以前から訪れたく、建物探訪としても素晴らしい美術館です。館内は撮影禁止でしたが、内装も自然光を取り入れたり、作品を吊る器具もマグネット式でした。建物詳細は、美術館サイトより、コチラをどうぞ。
ホキ美術館外観1
 
ホキ美術館外観2
 
 現在の展覧会は・・・


 会期は、来年2016年5月15日(日)まで。展覧会詳細は、コチラをどうぞ。

なお・・・


Gallely2では、30点の作品が展示されておりました。裸婦はもちろんのこと、ヨーロッパの風景画も精密で美しく、ため息が出るほど見とれておりました。お悔やみ申します。

 夕方閉館まじか。外はもう薄暗かったですが、外観を回覧した後、徒歩で駅に向かいました。*美術館スタッフの方も道順案内もいただき、親切な対応でした!
ホキ美術館外観3

インフォメーション

会場名:ホキ美術館
住所:千葉県千葉市緑区あすみが丘東3-15

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る