歴史を超越した審美的興奮!「高松メディアアート祭」初開催。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【香川県】第1回目となる「高松メディアアート祭」が高松城跡の玉藻(たまも)公園、披雲閣(ひうんかく)ほかにて開催されます。期間は、2015年12月18日(金)から27日(日)まで。

*こちらのイベントは終了しております。

R0010363

The Medium of the Spirit-メディアアート紀元前-

舞台となるのは、国の重要文化財に指定された旧松平家の御殿、玉藻公園・披雲閣。ここでは、高松市出身の“現在”美術家、DOMMUNE主宰の宇川直宏をジェネラルキュレイターに迎え、宇川曰く「人間の潜在能力とテクノロジーのぎりぎりの格闘から生じるエネルギーを写し取った作品」が集結するという。(WIRED.jpより


 シンギュラリティとは、技術的特異点。コンピュータ技術や生命科学などの進歩や発展によって、2045年頃に技術的な特異点が生じるとの予測。AI(人工知能)などによって、文化が現在の人類には理解できないものへと加速して変貌する!?とも。

人工知能といかにして拮抗していくのか?

宇川直宏氏率いるライヴストリーミング・チャンネル「DOMMUNE」が、披雲閣の御殿の中に引っ越し、高松サテライトスタジオを設立。全世界に向けて、ホーメイの伝統や骨伝導マイクの発声を探求する全身音楽家・山川冬樹や、世界にその名を轟かせるアヴァンギャルドの巨星・灰野敬二らのパフォーマンスを10日間連続でストリーミングされる。(JDNより

 国内外の芸術家約30組の約40作品が集うそうです。

インフォメーション

会期:2015年12月18日(金)〜27日(日)
会場:玉藻公園/披雲閣、常磐町商店街、南部三町ドーム、北部三町ドーム、サンポートホール高松ほか

公式サイト

ちなみに…

死後発見された謎の写真家で、生前一度も公表することなく15万枚もの写真作品を撮り続けたヴィヴィアン・マイヤーの作品を日本初展示。(WIRED.jpより

 最近、米国人写真家ヴィヴィアン・マイヤー(1926-1989)を描いたドキュメンタリー映画(映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」公式サイト)も公開されましたが、会期中にも高松先行上映がされるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る