瀬戸内国際芸術祭2016が3月20日に開幕!テーマは「海の復権」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【香川県】小豆島や直島(なおしま)など瀬戸内を舞台に3年に1度ある現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」の概要が発表されたそうです。開幕は3月20日(日・祝)で、春期、夏期、秋期の計108日間渡って、12島14会場で開かれます。

瀬戸内国際芸術祭

瀬戸内海の島々を舞台に

トリエンナーレ形式で3年に1度開催され、今年で3回目を迎える同イベントのテーマは「海の復権」。
美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島々に活力を取り戻し、瀬戸内海が地球上のすべての地域の「希望の海」となることを目指しているそうです。(ISUTA(イスタ)より

 26の国・地域から233組以上のアーティストが参加するそうです。

宿泊に関して
 リゾートホテル オリビアン小豆島さんでも、「瀬戸内国際芸術祭 2016」について、詳細がかなり掲載しておりました。

古来より交通の大動脈として重要な役割を果たしてきた瀬戸内海。行き交う船は島々に立ち寄り、新しい文化や様式を伝え、そこで暮らす人々の生活が美しい景観や伝統的な風習を育ててきました。
瀬戸内国際芸術祭は、アートを道しるべに、心癒す瀬戸内海の風景と、そこで育まれた島の文化や暮らしに出会う、現代アートの祭典です。(リゾートホテル オリビアン小豆島公式サイトより

 またイベント会期中の宿泊情報は、naverまとめより「瀬戸内国際芸術祭ガイド・お宿編」、予約サイト「バスバス」より「直島ツアー大阪発(新大阪・なんば)」ご参考を。

さらに・・・
 現在、フェリー乗り放題3日間乗船券も発売中だそうです。詳細は、コチラをどうぞ。(pdfデータ)

インフォメーション

イベント名:瀬戸内国際芸術祭 2016 Setouchi Triennale 2016
春:3月20日(日・祝)〜4月17日(日)
夏:7月18日(月・祝)〜9月4日(日)
秋:10月8日(土)〜11月6日(日)
*ゴールデンウィーク、シルバーウィークの開催も検討中との事。

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る