有田焼創業400年。新たな挑戦へ。17プロジェクト『ARITA EPISODE 2』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【佐賀県】今年2016年で有田焼は、創業400年を迎えるとのこと。佐賀県ではこれを機に、有田焼発展の礎となった400年の歴史を「EPISODE 1」と位置づけて区切りをつけ、新しい有田焼の物語を綴る全17プロジェクトとして『ARITA EPISODE 2』を計画。

Arita ware

『ARITA EPISODE 2』

3つの領域にて展開する17のプロジェクト:
1.海外および国内の市場開拓、2.人材育成や技術革新等の産業基盤整備、3.国内外への情報発信
(PR TIMESビジネスより

海外市場の開拓

ARITA 400project
パリで開催される世界最大規模のインテリア&デザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」出展を通じて、欧州市場から世界へ向けて新しいARITAを提案。

公式サイト

Flying ARITA project
スターシェフとのコラボで、ATIRAで楽しむ機内食を実現。スタイリッシュかつ機能的な国際線機内食用の食器として、有田焼の魅力を紹介。

ミラノ万博2015プロジェクト
日本館和食レストランで有田焼を使ってもらうとともに、有田窯業大学校生徒が製作したミニチュア有田焼「ガチャポー」をメインコンテンツに、ARITA、SAGAを世界に発信。

公式サイト

欧州著名レストランとのコラボレーション
パリの三ツ星レストランやシェフの協力のもと、ARITAの食器で酒や料理を楽しむイベントを開催。ARITAの魅力を感じ、共有、発信。

新たな市場の開拓として・・・
SEEDS of ARITA
パリ・サンジェルマン地区を拠点に、現地スタッフがじっくりと対話しながらマーケティングリサーチを行うことで、海外市場開拓に有益なARITAの「種」を探求。

その他、「食」とのコラボによる新規市場開拓、国内市場の開拓産業基盤整備や情報発信の取り組みも計画しているそうです。さらなる詳細は、公式サイトよりコチラをどうぞ。

インフォメーション

事業名:有田焼創業400年事業 「ARITA EPISODE 2」

公式サイト

そういえば…
 年明けに有田焼について佐藤可士和氏が語る記事もWEB上で拝見しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る