カッコよすぎ作業服のデザイン案、求ム! “溶接”のテーマパークが一般公募

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【福井県】溶接加工業の株式会社長田(おさだ)工業所(坂井市)が、去年2015年6月よりスタートした溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」において、一般の溶接体験者が着る作業服のデザイン案を全国一般公募するそうです。応募の締め切りは2016年5月9日当日の消印有効まで。*こちらの施設は、クラウドファンディングでの支援で始められたそうですが、今回は企画はクラウドファンディングではないので、「アートetc」上で掲載しました。

*コンペ募集は終了しております。

溶接イメージ写真

もっとカッコイイ衣裳で溶接体験を!

溶接のテーマパークがオープンしてから9ヶ月間で100名以上の一般の方に、普段では経験できない溶接体験をしていただいています。しかし、雰囲気のある内装や、溶接を体験できるという事業としては、多くの方に興味を持ってもらっているにもかかわらず、肝心な作業をする衣裳がテーマパークっぽくないという意見があり、今回作業服を一新するためのデザインを公募するに至りました。(アットプレスより

【主な募集要項】
溶接体験教室にて、体験者が私服の上から着用する作業服のデザイン。

<応募資格>
全国の服飾・デザインの専修学校や大学、高校の学生、
および一般の方(主婦・お子様歓迎・アイデアのみでも可)

<賞>
・最優秀作品応募者 1名 賞金5万円
 (副賞 デザインされたユニフォームの実物1点)
・入賞作品応募者  4名 賞金3,000円の商品券

未発表のオリジナルデザインに限る1人3点まで可能だそうです。

インフォメーション

名称:溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」作業ユニフォームデザインコンペ

募集詳細ページ

ちなみに…
 溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」に関しては、NAVERまとめサイトでもページができておりました。(「遊んで学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」とは」
 有名、著名なデザイナーが製作した作業服としては、ヤンマーの農業服や、居酒屋「塚田農場」でのスタッフ服など事例はありますが、今回の一般公募でどんな作業ユニフォームが選べれるのか?たいへん楽しみでもありますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る