ウィーン美術史美術館の裏側へ!ドキュメンタリー映画「グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【全国】オーストリアのウィーン美術史美術館の改装工事に密着したドキュメンタリー映画『グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状』が、まだ早いですが本年2016年11月よりヒューマントラストシネマ有楽町ほかで公開されるそうです。

Panorama Kunsthistorisches Museum - Vienna

今年で創立125周年

本作は、2012年から大規模な改装工事に着手した美術館の改装から再オープンに至るまでの舞台裏に、解説やインタビュー、音楽を一切排したダイレクトシネマの手法で迫った実録映画。館長から清掃員、運搬係から美術史家、繊細な絵画の復元作業を日々重ねる修復家、美術館の中で自分がチームにうまく組み込まれていないと感じるゲストサービス、定年にさしかかった貴族出身のコレクション責任者、オークションでスリルと落胆を味わう美術史家に至るまで、美術館に関わるありとあらゆる人々にカメラが向けられる。(シネマトゥデイ 執筆者:編集部・海江田宗氏より

ハプスブルク家の至宝から厳選。 「ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生」
【東京23区】展覧会『ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生』が、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムにて開催されてます。会期は...

 東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムでの『ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生』(会期終了)紹介ページでも掲載しましたが、ウィーン美術史美術館は、美術品の収集に熱心だったハプスブルク家の400年からなる宮廷コレクションが元になっているそうです。

インフォメーション

タイトル:グレート・ミュージアム ハプスブルク家からの招待状
原題:The Great Museum
配給:スターサンズ/ドマ

ちなみに…
 近年の「美術館を扱ったドキュメンタリー映画」としては、『ようこそ、アムステルダム国立美術館へ』、その続編の『みんなのアムステルダム国立美術館へ』(公式サイト)、『ナショナル・ギャラリー 英国の至宝』(公式サイト)がありますね。*3作品ともDVD化もされております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る