初開催!アーティストと参加者がともにつくる芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【埼玉県】今年初めての開催される、さいたま市内で行われる国際芸術祭「さいたまトリエンナーレ2016」が今週末開催されます。開催期間は2016年9月24日(土)〜12月11日(日)まで。与野本町駅~大宮駅周辺、武蔵浦和駅~中浦和駅周辺、岩槻駅周辺の3つの主要エリアで展開。国内外のアーティストによるインスタレーション、映像や、演劇・ダンス・パフォーマンスなどのアートプロジェクトが企画されているそうです。

*こちらのプロジェクトは終了しております。

芝川
via:(Uhock

テーマは「未来の発見!」

127万人を超える市民が生活する「さいたま市」を舞台に、アートのための祭典ではなく、市民がアーティストとともに、自分たちの未来を探していく、「市民の想像力の祭典」にしたい。(公式サイトより


 さいたまのサラリーマンにエールを送る、ラトビア在住のアイガルス・ビクシェ氏(詳細:公式サイト)制作の《さいたまビジネスマン》。長さ約10メートルにも及ぶ巨大作品だそうです。


 同作家の詳細については、公式サイトよりコチラをどうぞ。

市内各地で展開されるアートプロジェクト

日比野克彦氏(詳細:公式サイト)は「種は船プロジェクト in Saitama」として、これまで日本各地で地域や人をつないできた「種は船」の2艘を新たにさいたまバージョンとして登場させる。秋山さやか氏(詳細:公式サイト)はさいたま市で数カ月間生活し、現地で見つけた素材等を使うなど、実際の体験や発見をもとに作ったインスタレーションを公開する。(マイナビニュースより

 参加アーティストの中で最年少作家である、マレーシア出身のオクイ・ララ氏(詳細:公式サイト)は、およそ2か月間のリサーチ及び滞在制作期間を経て、さいたま市で生きる人々を取材した映像作品を発表予定。
 期間中には、「アートプロジェクト」「市民プロジェクト」「連携プロジェクト」など、様々なイベントを予定されているとの事。

インフォメーション

イベント名:さいたまトリエンナーレ2016
主な会場:埼玉県 さいたま市 武蔵浦和駅周辺から中浦和駅周辺エリア、大宮駅周辺エリアからさいたま新都心駅周辺エリア、岩槻駅周辺エリアほか
期間:2016年9月24日(土)〜12月11日(日)まで。

公式サイト

ちなみに…
 「さいたまトリエンナーレ2016公式ガイドブック」も出ているそうです。詳細は、出版会社サイトよりコチラをどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る