北アルプスの山々や湖の景観、そして地域の食。「北アルプス国際芸術祭2017-信濃大町 食とアートの廻廊」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【長野県】大町市では、今年初めて開催される「北アルプス国際芸術祭2017-信濃大町 食とアートの廻廊」が本日より始まりました。開催期間は2017年6月4日(日)〜7月30日(日)まで。“食”と“アート”をキーワードに、北アルプス山麓の地域資源を世界に発信することを目的としたイベントだそうです。

黒部ダム

テーマは「水・木・土・空」

長野県の北西部、松本平の北に位置する大町市は、3,000m級の山々が連なる北アルプス山脈の麓に位置し、清冽な雪解け水と澄んだ空気、四季折々の景観に恵まれ、古くは「塩の道」千国街道(ちくにかいどう)の宿場町として栄えました。(公式サイトより

人口は約28,000人、北の五竜岳から南の槍ヶ岳頂上までを収める市の面積は565㎢、市街地の標高は700m余りの典型的な内陸性の気候で、現在でも北アルプスの山々を映す仁科三湖や、豊富な温泉など自然にも恵まれたこの地域は、北アルプス登山の拠点として、また立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口として、多くの観光客で賑わっています。しかし、近年では 日本創成会議が発表した消滅可能性都市に上がるほど、過疎高齢化も深刻化しています。(公式サイトより

 総合ディレクターを務めるのは、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」「瀬戸内国際芸術祭」などを手掛けた、アートフロントギャラリーの北川フラム氏。同芸術祭では大町市の歴史が色濃く残る場所や、自然が体感できる場所を作品展示の場所として展開していくとの事。


 「仁科三湖エリア」、「源流エリア」、「ダムエリア」に関しては、コチラをどうぞ。

ちなみに…
 大町市観光公式サイト「信濃大町なび」によりますと、「アートサイトツアー」も芸術祭開催中に実施もしているそうです。「北アルプス国際芸術祭 アートサイトツアー」さらなる詳細は、信州の旅行会社トラベルプラザ サイトよりコチラを。「【信濃大町発】北アルプス国際芸術祭2017 東山・仁科三湖エリア東回り」【信濃大町発】北アルプス国際芸術祭2017 源流・ダムエリア西回りツアー

インフォメーション

イベント名:北アルプス国際芸術祭2017 ~信濃大町 食とアートの廻廊~
開催エリア:源流エリア、仁科三湖エリア、市街地エリア 東山エリア、ダムエリア *エリア詳細は公式サイトよりコチラをどうぞ。
期間:2017年6月4日(日)〜7月30日(日)まで。

公式サイト

ちなみに…
 「北アルプス国際芸術祭2017公式ガイドブック」も出ているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る