展覧会ニュース 一覧

水戸芸術館で冒険家・写真家の石川直樹による初の大規模個展「石川直樹 この星の光の地図を写す」が

水戸芸術館で冒険家・写真家の石川直樹による初の大規模個展「石川直樹 この星の光の地図を写す」が

【茨城県】世界を旅する写真家で冒険家でもある石川直樹(1977-)氏の写真展「石川直樹 この星の光の地図を写す」が水戸芸術館 現代美術ギャラ...

記事を読む

静物画から抽象表現への変遷。「endless 山田正亮の絵画」展

静物画から抽象表現への変遷。「endless 山田正亮の絵画」展

【東京23区】1970年代から90年代にかけて活躍した、ストライプの画面で知られる山田正亮の回顧展「endless 山田正亮の絵画」が東京国...

記事を読む

幾何学的な形態からの影響下。「日本におけるキュビスム - ピカソ・インパクト」

幾何学的な形態からの影響下。「日本におけるキュビスム - ピカソ・インパクト」

【埼玉県】埼玉県立近代美術館の2階展示室では、「日本におけるキュビスム−ピカソ・インパクト」が開催されます。会期は、2016年11月23日(...

記事を読む

北斎ゆかりの地に「すみだ北斎美術館」開館!記念展では全長約7メートルの絵巻物公開。

北斎ゆかりの地に「すみだ北斎美術館」開館!記念展では全長約7メートルの絵巻物公開。

【東京23区】1760年 江戸時代の宝暦10年に、現在の墨田区亀沢町あたりで生まれたとも言われる浮世絵師・葛飾北斎。その北斎ゆかりの地に「す...

記事を読む

北九州市立美術館分館でも、東西アートの外れた視点を目撃。「見立ての手法-岡崎和郎 Who’s Who」

北九州市立美術館分館でも、東西アートの外れた視点を目撃。「見立ての手法-岡崎和郎 Who’s Who」

【福岡県】北九州市立美術館分館では、古今東西、様々なアーティストの作品から着想を得てオブジェを制作している彫刻家・岡崎和郎(1930-)の企...

記事を読む

石橋美術館から久留米市美術館に。「2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」

石橋美術館から久留米市美術館に。「2016 ふたたび久留米からはじまる。九州洋画」

【福岡県】60年の歴史を誇る石橋美術館から移行を受けた久留米市が、名称を久留米市美術館と改め新たにスタートを切ります。開館記念の特別展は、「...

記事を読む

“風流韻事”独創的な山水画の世界と伝承。「文人として生きる− 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」

“風流韻事”独創的な山水画の世界と伝承。「文人として生きる− 浦上玉堂と春琴・秋琴 父子の芸術」

【千葉県】千葉市美術館では、江戸後期の文人画家・浦上玉堂(うらかみ ぎょくどう)と息子2人の作品を一堂に紹介する特別展「文人として生きる− ...

記事を読む

遠近法を取り入れた浮世絵師、千葉・城西国際大で紹介。「北斎の弟子 昇亭北寿 洋風風景画の展開」

遠近法を取り入れた浮世絵師、千葉・城西国際大で紹介。「北斎の弟子 昇亭北寿 洋風風景画の展開」

【千葉県】江戸時代後期の浮世絵師・昇亭北寿(しょうていほくじゅ)の展覧会「北斎の弟子 昇亭北寿 洋風風景画の展開」が、城西国際大学内にある水...

記事を読む

明治期の浮世絵師・挿絵画家。「生誕150年記念 水野年方~芳年の後継者」

明治期の浮世絵師・挿絵画家。「生誕150年記念 水野年方~芳年の後継者」

【東京23区】明治時代に活躍した浮世絵師で月岡芳年(Wikipedia)の弟子でもあった水野年方(みずのとしかた)の展覧会「生誕150年記念...

記事を読む

風を可視化する造形。横須賀美術館で企画展「新宮晋の宇宙船」。

風を可視化する造形。横須賀美術館で企画展「新宮晋の宇宙船」。

【神奈川県】世界的造形作家、新宮晋(しんぐう―すすむ)の展覧会「新宮晋の宇宙船」が、横須賀美術館にて開催されます。会期は、2016年11月3...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 19
トップへ戻る