ソーシャルアートによる地方創生! 芸術祭「のせでんアートライン妙見の森2015」の取組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【兵庫県】「日本一の里山」と称される兵庫県の川西市・黒川地区、妙見の森を舞台とした、ソーシャルアートの芸術祭「のせでんアートライン妙見の森2015」。
2回目となる今回は、アーティストの作品制作やワークショップの実施を目的に、パルコが運営するクラウドファンディングサイト「BOOSTER(ブースター)」を導入しているそうです。期間は2015年10月6日(火)まで。*イベント自身の会期は、2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝)まで。

*クラウドファンディングのプロジェクトは終了。

Nose Railway

のせでん沿線の「人と人」「人と地域」「地域と地域」

同芸術祭は、能勢電鉄沿線の地域の里山や歴史、名産品などの魅力をクリエイターや地域住民、近隣大学、行政が一体となり「アート」を通じて発信するソーシャルアートのイベント。(WWD JAPAN.COMより

 大阪・淀川の河川敷を主な活動場所として、落ちているゴミや漂流物などを使いさまざまな作品を制作する「淀川テクニック」(柴田英明+松永和也)、本格石やきいも販売車を作品にした「Yotta(ヨタ)」(木崎公隆+山脇弘道)などのアーティストが参加するそうです。
*石やきいも販売車の「Yotta」以前から存じ上げてました。(第18回岡本太郎現代芸術賞受賞)詳細はコチラをどうぞ。(「業界が注目する現代アート「金時」とは何か?」NAVER まとめ より)

日本一の里山

 兵庫県川西市の黒川地区。2008年に「にほんの里100選」にも選出されているそうです。

大阪から約1時間ですが、とてもそうとは思えないほど、自然が豊かな土地です。特に、川西市の黒川エリア付近の自然は「日本一の里山」と称されるほどです。ちなみに、里山とは「人が生活の燃料に使う炭や薪などに使うため、定期的に伐採・利用される山」のことです。(出典:BOOSTER(ブースター)募集ページより)

 またページでは、能勢の特産品「三黒三白」(三黒は、黒牛・栗・炭。三白は、寒天・米・酒。 )、銘酒「秋鹿」(あきしか)、三ツ矢サイダーの生誕地としてもご紹介されてます。

インフォメーション

プロジェクト名:日本一の里山発。ソーシャルアートの芸術祭「のせでんアートライン妙見の森2015」。みんなで楽しく、身の丈地方創生プロジェクト!

プロジェクト詳細ページ

ちなみに…
支援するリターンは、一口3,000円~30,000円まで。
それぞれ「のせでんアートライン妙見の森2015」の作品集や、開催地周辺の特産品詰め合わせ、能勢電鉄「のせでんアートライン号」に掲出するオリジナルヘッドマークなどが進呈。
*詳細はサイト等でご確認下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る