炭鉱電車ば見せたか! 福岡県大牟田市が世界文化遺産「三池炭鉱」を世界に発信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【福岡県】2015年7月8日に世界文化遺産に登録された「三池炭鉱」。今回福岡県大牟田市では、そんな日本の近代化を支えた「三池炭鉱」関連の多くの遺構を展示・保存のために、ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」にて、クラウドファンディングを開始したそうです。

*こちらのプロジェクトは終了しております。

chimney.

炭鉱電車

石炭運搬のほか、炭鉱従業員や市民の足としても活躍し、「炭鉱電車」の愛称で親しまれた三池炭鉱専用鉄道の電気機関車。(読売新聞より

 三池炭鉱が閉山した際、大牟田市は三井鉱山から電気機関車4両を譲り受けたそうです。明治から戦前までに製造されたアメリカ・GE製、ドイツ・ジーメンス製、初の国産電気機関車の三菱造船製、東京芝浦製作所製の4両。


 大牟田市では、世界遺産に登録された「三池炭鉱」を国内、世界へ広くアピールするために、「炭鉱電車」を常設展示することを決めたそうです。展示場所は世界遺産・三池港に近い「三池炭鉱三川坑跡」を予定。

 しかし、重さ何十トンの電車を4台移動するにあたって、高額な運搬費用と展示施設の建設費用が発生するため、今回クラウドファンディングでの企画を実施。

三池炭鉱とは

1469年(室町時代)、三池郡稲荷(とうか)村(現在の大牟田市大浦町付近)の農夫、伝治左衛門が農作業で冷えた体を温めようと、稲荷山(現在の大牟田市大浦町付近)で焚き火をしていたところ、炎の中から「燃ゆる石」を発見したというのが、わが国初の石炭発見と伝えられています。
その後、江戸時代中頃から採炭が始まり、1873年(明治6年)、三池炭鉱は官営となり、1889年(明治22年)には三井に払い下げられ民営化されました。(大牟田市ホームページより

 1970年(昭和45年)に最大の出炭量を誇り、長く日本の近代工業化を支え、1997年(平成9年)に閉山し、120余年の歴史に幕を下ろしました。

明治日本の産業革命遺産

平成27(2015)年7月4日、「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」がユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録が決定されました。現在、大牟田市の「宮原坑」、「三池炭鉱専用鉄道敷跡」、「三池港」もその構成資産となっています。(大牟田の近代化産業遺産ホームページより

 こちらのサイトでは、大牟田市内で世界文化遺産になった箇所だけでなく、他の近代化遺産もご紹介しております。

インフォメーション

プロジェクト名:明治日本の産業革命を支えた世界文化遺産「三池炭鉱」を世界に発信する! プロジェクト「世界遺産じゃなかばってん」第一弾! 炭鉱電車ば見せたか!の巻

プロジェクト詳細ページ

ちなみに…
 寄附によっての「お礼の品」は、1万円以上の寄附をされた方『硬券切符(3枚)』、5万以上寄附をされた方『限定特別特典ネームプレート』など。
*詳細はサイト等でご確認下さいませ。

 主催が自治体のため、安心して参加できるかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る