霊峰富士の彩景色を一冊に。「世界遺産の富士山を撮る写真家の活躍の場を広げたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【山梨県】風景写真とその撮影場所を共有するサイト「Pashadelic(パシャデリック)」が、朝日新聞主催のクラウドファンディングサービス「A-port」にて、プロジェクトを発表されました。世界遺産・富士山の素晴らしさを広めたいという思いから行われた【富士山フォトコンテスト2015】。今回、そのコンテストでの入賞作品20作品と撮影場所や写真家を紹介する写真集を作る資金を募るプロジェクトが。立ち上げた経緯は、アメリカで開いた写真展の際、向こうでの写真集への要望が大きかったことが発端だそうです。

*こちらのプロジェクトは終了しております。

fuji

ダイアモンド富士、逆さ富士、赤富士、パール富士などなど

掲載する写真は「世界遺産・富士山の素晴らしさを広めたい」と実施したフォトコンテストで、アマチュア写真家による約3千点の写真の中から20作品の入賞作品を選んだ。(富士山経済新聞より

 2016年4月2日(土)から5月30日(月)まで「ふじさんミュージアム」(山梨県富士吉田市)で写真展も行われるそうです。

【写真集仕様】
サイズ:A3Q (266mm×266mm)の正方形サイズ
表紙素材:ハードカバー(ラミネート加工)
本文表面加工:ラミネート加工
ケース:半透明ケース
*全50ページ程度の写真集を想定しているとの事。
なお、写真集はクラウドファンディングの贈呈品であって、販売ではないそうです。

ちなみに…
 目標金額は100万円。
ご支援するコースは、1,000円~69万円まで。
*詳細は、下記のインフォメーションのサイト等でご確認下さいませ。

インフォメーション

プロジェクト名:世界遺産の富士山を撮る写真家の活躍の場を広げたい

プロジェクト詳細ページ

写真といえば…
 来月より、東京・丸の内にパリ発のアートフォトを販売するショップ「イエローコーナー(YellowKorner)」が、2016年4月2日(土)より期間限定ですがオープンするそうです。


 日本人のライフスタイルに合った手軽で新しい「アートフォトのある暮らし」を提案する目的がコンセプトだそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る