再建に向け。「プロの設備と技術が学べるOPENな版画工房を存続し活かしたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大阪府】大阪で唯一プロの設備と技術が学べる版画工房の「今泉版画工房」が、クラウドファンディングサービス「READYFOR (レディーフォー)」上で、貴重な版画工房の設備、道具の存続にあたって、プロジェクトを立ち上げたそうです。

*こちらのプロジェクトは終了しております。

Found the Silk Screen Room

クリエイティブな活動をする人々の交流の場

今泉版画工房は、シルクスクリーン版画、銅版画、ジクレー版画が制作可能な設備が用意され、アーティストとプリンターがチームとなって作品を制作したり、アーティスト自身が今泉さん(摺り師:今泉浄治さん)の指導のもと、自らがプリンターとなり作品が制作出来る、他に類をみない場所でした。(プロジェクト詳細ページより

しかし、経営者の今泉さんが体調を崩されしばらく入院することになり、工房を継続するのが難しい状況です。このままでは、貴重な版画の設備、道具など破棄しなくてはなりません。そこでこの版画工房の設備、道具を存続させ、活かすために、みなさまのお力をお貸しいただきたいのです。(プロジェクト詳細ページより


現時点では、第一目標金額が達成しているそうです。


 大阪には「版画に関する専門的な設備、またアーティスト自身がシルクスクリーン版画を制作できる場所」が他にないそうです。
ちなみに…
 全国の銅版画工房のリストが、「NAVER まとめ」上にページがありました。コチラをどうぞ。

新たに発信する機能を兼ね備えた場所へ

経済的にも維持しやすい新しい場所に設備を移し、工房を活かす活動を始めたいと考えています。版画に関するワークショップは、もちろんのこと、版画だけでなく、クリエイティブな活動をする人々の交流ができる、場所になっていくようにもして行きたい。今までも、そうだったようにグラフィックデザイナーの方々にも応えるジークレー(デジタル出力)とアナログを融合したここだからこそ出来るモノ創りにも対応していきたいと考えています。(プロジェクト詳細ページより

インフォメーション

プロジェクト名:プロの設備と技術が学べるOPENな版画工房を存続し活かしたい

プロジェクト詳細ページ

ちなみに…
 目標金額は200万円。 5月31日午後11時まで。
ご支援するコースは、2,000円~50万円まで。
*詳細は、上記のインフォメーションのサイト等でご確認下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る