大阪・国立国際美術館で、現代写真表現のフロントランナー「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大阪府】ドイツ出身の写真家ヴォルフガング・ティルマンス(1968- )の大規模な展覧会「ヴォルフガング・ティルマンス Your Body is Yours」が国立国際美術館で開催中です。会期は、2015年9月23日(水・祝)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

Wolfgang Tillmans

斬新なインスタレーション

ドイツ出身で、現在はベルリンとロンドンを拠点に国際的に活躍している写真家、ヴォルフガング・ティルマンス。1990年代初頭より、彼を取り巻く日常的な環境の光景をとらえた作品で注目を集めている。2000年には現代美術界で重要な賞の一つ、イギリスの“ターナー賞”を受賞。(white-screen.jpより

 本年の2015年には、ハッセルブラッド財団が写真界に多大な功績を残した写真家に贈るハッセルブラッド国際写真賞にも選ばれているそうです。同氏が撮影対象にしているのは、街頭の若者や身近な友人たちのポートレート、またセクシュアリティーやジェンダーといった今日的なテーマへの問いかけなどが知られ、私的な部分と社会的な要素が混在したものが特徴だそうです。

 そして近年、写真集『Neue Welt』(新しい世界)を発表したティルマンス氏。

デジタルカメラを携えて

ヴォルフガング・ティルマンス氏は、世界各地で発生している事象や、世界を旅する途中に彼の視線の先がとらえた場面を、イメージの群として顕現させた。政治経済の問題や技術の進歩という、この地球上で繰り広げられているさまざまな出来事に対する自身の見解を示すことを試み、新たな展開を見せたのである。(「ヴォルフガング・ティルマンスとは何者か?」プレジデントスタイルより

 ロンドンからノッティンガムを経てタスマニアへ、そしてチリ、エチオピア、サウジアラビア、インド、中国、パプアニューギニア、オーストラリア、アルゼンチンと各地を旅した中で捉えた写真集だそうです。

11年ぶりとなる待望の個展

ティルマンス自身がデザインした展示空間において、日本初公開となる新作・近作を多数含んだ写真作品や、昨年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展で発表され大きな反響をよんだ2台のプロジェクションによる《Book for Architects》といった映像インスタレーションも展示。(美術館サイトより

 この映像インスタレーション含む200点近くが展示されるとの事。

インフォメーション

会場名:国立国際美術館
住所:大阪府大阪市北区中之島4-2-55

美術館サイト

*こちらの展覧会の展示会場は、館内 B2階。(参考に美術館サイトのフロアマップでご確認を。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る