和歌山県立近代美術館で「ここだけの日本画」開催中。千住博氏の講演会も。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【和歌山県】和歌山ゆかりの日本画家を中心とした「ここだけの日本画」が和歌山県立近代美術館で先週から開催されてます。期間は、2015年9月11日(金)から11月3日(火・祝)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

和歌山城

伝統と革新が交錯する近現代の日本画

豊かな歴史や文化を持つ和歌山は、日本画の分野でも近現代美術を開拓してきたすぐれた画家を輩出し、また多くの日本画家が風光明媚なこの地を訪れ画題としてきました。(kalonsより、出典:和歌山県立近代美術館

 主に所蔵品59点。和歌山ゆかりの作家や同時代の作家の名品が展示されるそうです。

和歌山ゆかりの作家

日本美術院の創設に携わった下村観山(1862〜1930)、同院で作品を発表し、青龍社を主宰した川端龍子(1885〜1966)はともに東京で活躍した和歌山市出身の画家です。(美術館サイトより

 和歌山県田辺市出身で、国画創作協会の設立に加わった野長瀬晩花(1889〜1964)、国画創作協会会員の土田麦僊(1887〜1936)なども紹介。

 また前衛的な表現で活躍した三上誠(1919〜1972)、下村良之介(1923〜1998)ら、そして現在も活躍する和歌山県田辺市出身の稗田一穂
1920〜)も展示。(敬称略)
出品目録は、コチラです。(pdfデータ)

インフォメーション

会場名:和歌山県立近代美術館
住所:和歌山県和歌山市吹上1-4−14

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る