東日本復興応援企画「斎藤清展」。愛知県の豊川市で開催中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【愛知県】福島県出身の版画家・斎藤清(1907-1997)の版画や水墨画を展示する東日本復興応援企画「斎藤清展」が愛知県豊川市桜ヶ丘ミュージアムで開催されております。会期は、2015年10月24日(土)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

豊川稲荷

被災高校美術部の取り組み紹介も

開場式と内覧会が9月23日、同ミュージアムで開かれた。山脇実豊川市長をはじめ、中部地方で初めての作品展に全面協力した「やないづ町立斎藤清美術館」(福島県やないづ町)関係者や、同県で復興活動をする高校美術部員らが参加した。(東日新聞より

斎藤清(さいとうきよし)

明治40年(1907)-平成9年(1997)
福島県河沼郡会津坂下町に生まれる。

浮世絵版画の技法や西洋作家の近代的造形を取り入れ、日本的感情を表現した。(ギャラリーボヤージュサイトより

 1951年には、サンパウロ・ビエンナーレに「凝視(花)」を出品。サンパウロ日本人賞受賞。

「凝視(花)」など貴重な作品約100点

このたび、ビエンナーレ受賞作「凝視(花)」をはじめ、故郷「会津」のシリーズのほか、水墨画など約100点の作品をとおして、初期から晩年までの作品をご紹介いたします。(豊川市市役所サイトより

展覧会チラシのデータ閲覧は、コチラをどうぞ。(pdfデータ)

インフォメーション

会場名:豊川市 桜ヶ丘ミュージアム
住所:愛知県豊川市桜ケ丘町79-2

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る