2015年京都、琳派400周年。愛され続ける名品集結!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【京都府】今年2015年、琳派400周年に沸く京都。京都市左京区の京都国立近代美術館で、琳派400年記念「琳派イメージ」展が開催されました。現代に至るまでの系譜に重点をおいた展覧会。期間は11月23日(月・祝)まで。
 一方、京都国立博物館では2015年10月10日から、特別展覧会「琳派(りんぱ)誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る」が開催中です。国宝6点、重要文化財36点を含む琳派の名品が出展。こちらも期間は11月23日(月・祝)まで。

*こちらの2展覧会は会期終了しております。

1615年に本阿弥光悦が徳川家康より京都洛北の鷹峯の土地を拝領したのを琳派誕生と考えると、2015年は琳派が生まれて400年の記念の年ということになります。(京都観光情報 KYOTOdesignより

Grue (Musee Cernuschi, Paris)

『琳派』の広がり

俵屋宗達や尾形光琳・乾山兄弟らから始まる「琳派」の華やかで鮮やかな作風の流れを組む神坂雪佳、前田青邨ら、近、現代の作家の作品約90件を展示する。(毎日新聞より

福田平八郎、加山又造、田中一光、亀倉雄策、池田満寿夫(敬称略)らの作品も紹介。

インフォメーション

展覧会名:琳派400年記念「琳派イメージ」展
会期:2015年10月9日(金)~11月23日(月・祝)
会場名:京都国立近代美術館
住所:京都市左京区岡崎円勝寺町

美術館サイト

京都国立博物館では・・・

3組の風神雷神図と、夏秋草図景

本阿弥光悦、俵屋宗達、尾形光琳らの屏風、絵画など175点を展示し、独特の美意識を堪能できる。(日本経済新聞より

俵屋宗達・尾形光琳・酒井抱一の三者が描き、琳派を象徴する作品として名高い「風神雷神図屏風」が全て出展(3点が揃うのは10月27日~11月8日のみ)。酒井抱一の「夏秋草図景」は、10月10日~25日と、11月10日~23日が展示期間。
詳細は公式サイトの、コチラをどうぞ。

インフォメーション

展覧会名:琳派誕生400年記念 琳派 京(みやこ)を彩る
会期:2015年10月10日(土)~11月23日(月・祝)
会場名:京都国立博物館 平成知新館
住所:京都府京都市東山区茶屋町527

ちなみに…
人気のPCゲーム「刀剣乱舞」にも登場する刀剣で、重要文化財の「薙刀直し刀 無銘(名物 骨喰藤四郎(ほねばみとうしろう))」も期間中展示されるそうです。
*詳細は、公式サイト等でご確認下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る