星空、沖秋目島を眺めながら。松元省平写真展「今夜も庭に、星が降る」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【鹿児島県】南さつま市の「南薩の田舎暮らし」が主催で、松元省平写真展「今夜も庭に、星が降る」が笠沙(かささ)美術館で開催されます。会期は、2015年11月11日(水)~11月16日(月)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

IMGP3652

海の見える美術館

南さつま市は旧加世田市時代に環境庁(当時)が主催する「全国星空継続観察」で平成8年日本一になるなど素晴らしい星空を観ることができる地域です。(プレスリリース ゼロより

 笠沙美術館は、平成10年4月に開業した美術館。別名で黒瀬展望ミュージアムといい、施設からは東シナ海など美しい景色が眺めるそうです。詳細は、コチラ(鹿児島県観光交流局サイトより)をどうぞ。


 主催の「南薩の田舎暮らし」は、鹿児島県南さつま市大浦町で、柑橘類やアボカドの栽培とともに、旬な農産物や、ジャムやお菓子などの手作り加工品を直送しているショップサイトさん。

 また、松元省平氏は、1948年岡山市生まれの写真家。1975年神戸で写真活動。2008年鹿児島県南さつま市に移住。
作家さんのブログは、コチラ

インフォメーション

会場名:笠沙美術館(黒瀬展望ミュージアム)
住所:鹿児島県南さつま市笠沙町赤生木8670

美術館サイト

ちなみに…
会期中の11月15日(日)には、イベント「海の見える美術館で珈琲を飲む会vol.2」が開催。同日11時からは松元省平氏のギャラリートーク「私の星空散歩」、14時からは鹿児島市武岡にある「つばめ文庫」さんによる出張販売があるそうです。
詳しくは、コチラ(南薩の田舎暮らしブログより)をどうぞ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る