さあざまな物語絵。根津美術館コレクション展「物語をえがく ― 王朝文学からお伽草子まで ―」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】表参道の根津美術館では、コレクション展「物語をえがく ― 王朝文学からお伽草子まで ―」が開催されております。会期は2015年12月23日(水・祝)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

物語をえがく

物語と絵とともに

同展は、伊勢や源氏の王朝文学から平家物語、曾我物語、西行物語、そして酒吞童子をはじめとするお伽草子まで、さまざまな物語を描いた多彩な形式の絵画作品を集め、展示するもの。(マイナビニュースより

 主な展示作品のご紹介は、美術館サイトより出品リスト(pdfデータ)でご確認下さいませ。


 最初の展示紹介は『伊勢物語』で、『源氏物語』からは最多の7作品。そのほか古典の名場面を多様な形式で描かれた作品をご紹介。

インフォメーション

会場名:根津美術館
住所:東京都港区南青山6-5-1

美術館サイト

なお…
 同時開催中のテーマ展示として、展示室5では「扇面絵意画巻(せんめんかいがかん)」(12月4日)が、そして関連プログラムとして、学芸員がスライドを用いて説明するスライドレクチャー「物語をえがく」(11月25日・12月11日)が開催されます。
 展示室6では、「炉開(ろびら)きの茶会」11月の茶会に合わせて約20点の茶道具が展示。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る