新春アート初め!「ゆかいな若冲・めでたい大観 ―HAPPYな日本美術―」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】新年2016年1月3日(日)より、広尾の山種美術館では、特別展「伊藤若冲 生誕300年記念 ゆかいな若冲・めでたい大観 ― HAPPYな日本美術 ―」がお正月らしく開催されます。会期は来年2016年3月6日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期終了しております。

伊藤若冲

新春にふさわしく

本展では、長寿や子宝、富や繁栄などを象徴する美術に焦点を当て、鶴亀、松竹梅、七福神など現代人からみてもラッキーアイテムと言われる対象を描いた絵画を紹介する。初公開作品を含む伊藤若冲の墨画の、大胆なデフォルメと機智に富んだ表現や、近代において日本画の位置を確固たるものにした横山大観の、日本を象徴する霊峰富士の堂々たる姿を描いた『心神』など、縁起のよい日本美術の数々を。(Time Out Tokyoより

 ほかにも、河鍋暁斎《五月幟図》、小林古径《鶴》、奥村土牛《庚申春》など、近世から近代・現代の吉祥画題の作品も。

 吉祥画題(きっしょうがだい)。日本で古来から伝わる、縁起のよい動植物、七福神、仙人など、好んで描かれたモノ。
よくいう、一富士、二鷹、三茄子もそれに当てはまります。

初公開を含む伊藤若冲の墨画

おどけた様子の七福神《布袋図》や《恵比寿図》、表情豊かに動物の姿を描いた《河豚と蛙の相撲図》、押絵貼屏風《群鶏図》など、大胆なデフォルメと機智にとんだ表現をお楽しみください。(美術館サイトより

 初公開作品を含む墨画10点が展示。

*なお、出品作品に関しては、展示期間がそれぞれ違っていたり、変更が入る場合もあるとの事。

インフォメーション

会場名:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3−12−36

美術館サイト

さらに…
 着物で来館すると入館料が安くなる「きもの割引」も実施しているそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る