名作≪指≫を群馬・高崎市タワー美術館で「伊東深水 展 - 本画と素描 - 」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【群馬県】高崎市タワー美術館では、本日より近代美人画・巨匠 伊東深水の展覧会「伊東深水展」が開催されました。会期は、2016年3月27日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Maru8
via:(Maru8)

深水美人

流麗でかつ力強い線と透明感のある肌色は、近代美人画に新境地を開き、旺盛な追求力と鋭い感性で時代の風俗・流行をも描き込み、モダンで品格のある画風をつくりあげました。本展覧会では、本画に加え、「深水美人」の素顔とも呼べる素描画を選りすぐり、女性の美を追求し続けた深水芸術の神髄に触れていただきます。 (美術館サイトより


 告知チラシにも使われてますが、初期の代表作≪指≫(1922年)を含む本画23点が展示。出品作品の画像は、告知チラシよりコチラをどうぞ。(pdfデータ)。

ちなみに…
 この代表作≪指≫は記念切手にもなっております。
切手についての詳細は、郵便学者・内藤陽介さんのブログ「切手歳時記」をご覧下さい。
 そしてモデルの女性は、伊東深水自身の奥さんだそうです。

伊東深水(いとうしんすい)

明治31年(1898)-昭和47年(1972)
東京に生まれ、同地で没。

鏑木清方に師事し、現代の女性風俗を艶麗に表現。木版画に遺した業績も大きかった。(ギャラリーボヤージュサイトより

インフォメーション

会場名:高崎市タワー美術館
住所:群馬県高崎市栄町3-23

美術館サイト

ちなみに…
同館(高崎駅東口)から徒歩で10分ぐらいのところにある高崎市美術館(高崎駅西口)では、「描く!マンガ展」が開催中。こちらの会期は、4月10日(日)まで。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る