アメリカから信楽に凱旋! 公募展「マイヤー×信楽大賞 日本陶芸の今-伝統と革新」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】来月中旬より滋賀県立陶芸の森では、公募展「マイヤー×信楽大賞 日本陶芸の今-伝統と革新」が開催されます。期間は、2016年3月12日(土)から6月12日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

マイヤー×信楽大賞

日米美術館の共同企画

本展では285点の応募から、日米の審査員が選考した入賞・入選作26点を紹介。伝統の技に美を追求した作風、陶の可能性と限界に挑む表現や現代のうつわなど。時代を映し出しながら、多様な様相を示す現代陶芸の一断面を取り上げ、その未来像を模索します。(滋賀県立陶芸の森サイトより

 今回は、同館とアメリカ・ミシガン州グランドラピッズ市のフレデリック・マイヤーガーデンズ&スカルプチャーパークの共同企画による日本陶芸の公募展。
 入賞・入選作品に関しては、美術館サイトよりコチラをどうぞ。
 
フレデリック・マイヤーガーデンズ&スカルプチャーパーク 外観
マイヤー外観

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期名:公募展「マイヤー×信楽大賞」伝統と革新 日本陶芸の今Meijer×Shigaraki Award CompetitionTradition and Innovation-Japanese Ceramics Now
開催日:2016年3月12日(土)から6月12日(日)
開館時間:午前9時30分から午後5時00分(陶芸館への入館は午後4時30分まで)
観覧料金:一般500円(400円)・高大生 380円(300円)・中学生以下無料 ※( )内は20名以上の団体料金

美術館サイト

ちなみに…
同時開催として、
特別企画展「近江のやきもの」平成28年3月12日(土)~6月12日(日)も催されるそうです。
中世古窯のひとつ信楽焼きをはじめ、茶筒で名高い膳所焼や彦根藩窯として栄華を極めた湖東焼など、近江に花開いた個性豊かな陶窯を紹介。

その他、関連企画は…
ギャラリートーク 学芸員による展示解説
【日程】平成28年3月20日(日)、4月24日(日)、5月22日(日)
【時間】各日程とも13:30~(1時間程度)
*申し込み不要・無料、ただし別途チケットの提示が必要です。

中田 ナオト氏 (陶芸の森特別賞受賞者) レクチャー&ワークショップ
【日程】平成28年5月8日(日)15:00~16:30
【会場】管理等視聴覚室及び創作研修館スタジオ
*申し込み不要・無料

陶芸館ギャラリー アーティスト・イン・レジデンス企画 中田ナオト展
【会期】平成28年5月8日(日)~6月12日(日)
【会場】陶芸館ギャラリー
*入場無料、オープニング:5月8日(日)13:00~14:00

体験講座 細川政己氏(出品作家)の野焼きを学ぶ! ―磨いてつくる私だけの…
【日程】制作:平成28年5月15日(日)、磨き:5月21日(土)
野焼き:5月29日(日) 3日間
【会場】信楽産業展示館創作室ほか
*有料、事前申し込み制

*詳細は、美術館サイト等でご確認下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る