“まるびぃ”と呼ばれる金沢21世紀美術館で書家大回顧展『生誕百年記念 井上有一』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【石川県】戦後の日本の現代書家を代表する井上有一(1916〜1985年)の展覧会『生誕百年記念 井上有一』が金沢21世紀美術館で開催中です。会期は、2016年3月21日(月・祝)まで。抽象絵画を思わせる自由で型破りな作風で知られた作家です。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

金沢21世紀美術館

近年、世界的評価の高まる現代書家

ジャクソン・ポロックのアクションペインティングにたとえられたこともある井上有一の書。彼の代表作とも言える《貧》《鳥》《心》などの一字書をはじめ、宮沢賢治『なめとこ山の熊』全文を写した14メートルの木炭書などの大作も展示。(casabrutus.comより

 過去最大規模で、60年代の作品まで200点余りが登場。
プレスリリースは、美術館サイトよりコチラをどうぞ。(pdfデータ)。
 去年の海外のオークション市場でも、具体作家同様に再注目され、落札も好評だったようです。「サザビーズが注目するアジアの現代アート。」(casabrutus.comより)


 関連イベントももう終了しているものもありますが、かなり企画されております。詳細はコチラをどうぞ。

井上有一(いのうえ・ゆういち)

大正5年(1916)-昭和60年(1985)
東京生まれ。

日常使っている文字を書くことで、誰でも芸術家になれる。(UNAC TOKYOより

書は世界に類を見ない芸術であるー(UNAC TOKYOより

 1935年、東京市本所区横川尋常小学校で教員として教えていた時期もあるそうです。当時、いかりや長介や加山雄三が習っていたそうです。

回顧展形式で紹介

井上有一の制作姿勢には鬼気迫るものがある。「断崖から飛び込む感覚で書く」という有一は、今まさにある命を燃焼し尽くすかのように、一文字一文字を全存在をかけて書く。まるで、一瞬一瞬の生きる証を刻もうとするかのようだ。その凄まじさは、いったいどこからくるのだろうか。(Mikiki 著者:玉重 佐知子氏より

 会場では、同氏の制作風景を収めた記録映像も上映。

インフォメーション

会場名:金沢21世紀美術館
住所:石川県金沢市 広坂1丁目2-1

美術館サイト

ちなみに…
 金沢観光で金沢21世紀美術館含めた建物探訪をお楽しみになりたい方は、よろしければ以前記事にした「金沢を建築文化目線で散策してきました。」をご覧いただければ幸いです。

金沢を建築文化目線で散策してきました。Part1
【石川県】今年のお盆休みも、どこの観光地もにぎわっていたと思いますが、今回石川県・金沢市に北陸新幹線で行って来ました。*里帰りです。 ...
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る