土牛コレクションから名品を厳選。「奥村土牛 - 画業ひとすじ100年のあゆみ -」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】広尾の山種美術館では、開館50周年記念第1弾として『奥村土牛 - 画業ひとすじ100年のあゆみ -』が開催されます。会期は、2016年3月19日(土)~5月22日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Kyoto Cherry Blossom Show

土牛の101年の生涯をたどる

本展では、16年ぶりに公開の初期作品《麻布南部坂》(個人蔵)、《胡瓜畑》(東京国立近代美術館 3月19日(土)~4月17日(日)展示)など、土牛芸術の源泉をたどる上で重要な初期の作品に注目したい。また、活躍の場であった院展への数々の出品作《雪の山》《聖牛》《城》などを中心に、古径を偲んで描いた《醍醐》《浄心》や、実景の丹念な写生に基づく《鳴門》といった代表作なども登場。(ファッションプレスより

 他の所蔵先から拝借した名品を含め約60点が展示されるそうです。


 告知チラシにも使われている《醍醐》のさらなる詳細は、テレビ東京「美の巨人たち」サイトより、コチラをどうぞ。

奥村土牛(おくむらとぎゅう)

明治22年(1889)-平成2年(1990)
東京に生まれ。同地で没。

薄い色使い、自然のままの透明感ある品性の高い作風。(ギャラリーボヤージュサイトより

展示構成は

 1.「土牛芸術の礎」、2.「造形への意識」、3.「尊きもの、愛しきものへの眼差し」の全3章に分かれているようです。さらなる詳細は、美術館サイトよりコチラをどうぞ。

インフォメーション

会場名:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3−12−36

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る