春らしく華やかに。ポーラ美術館で「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】ポーラ美術館では財団設立20周年を記念して、「女性の美」を焦点とした展覧会『Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代』が開催されます。会期は、2016年3月19日(土)から9月4日(日)まで。- 19世紀中頃のフランスにおいて、女性のファッションや化粧が画家たちによってどのように描かれたのかを検証。-

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

ポーラ美術館

100年間のファッションの変遷をたどる

19世紀のフランスでは、産業革命の波がファッションにも大きな影響を与え、ファッションメディアの発達によって流行の広まり方も変化しました。時を同じくして、美術批評家で詩人のシャルル・ボードレールは、「一時的なもの」に「永遠」を見出して表現することを近代の美とし、流行を映し出すファッションは、絵画の重要な主題のひとつとなりました。(美術館サイトより

 本展では、19-20世紀に描かれた絵画を中心に、同時代のファッション誌やファッション・プレート、装飾品、化粧道具、ドレスなどをあわせて約210点が展示。また、文化学園服飾博物館の協力により、10点のドレスも当時のスタイルで再現。
 

インフォメーション

会場名:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡 箱根町仙石原小塚山1285

ちなみに…
 現在、世田谷美術館(ファッション史の愉しみ―石山彰ブック・コレクションより―2016年2月13日~4月10日)、三菱一号館美術館(PARIS オートクチュール 世界に一つだけの服―2016年3月4日~5月22日)との3館相互割引も行っているそうです。詳細はコチラ「ポーラ美術館、世田谷美術館、三菱一号館美術館 3館相互割引を開始」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る