リオ・デ・ジャネイロの財団から180点。巡回展「大原治雄写真展―ブラジルの光、家族の風景」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【高知県】今週末より高知県立美術館では、「大原治雄写真展―ブラジルの光、家族の風景」が開催されます。期間は、2016年4月9日(土)から6月12日(日)まで。日系移民としてブラジルへ渡り、 アマチュア写真家として活動後、ブラジル国内で高い評価を得た“知られざる写真の巨匠”の日本での回顧展。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Instituto Moreira Salles

ブラジルの大地と光、ささやかで愛おしい家族の風景

 高知県いの町から農業移民としてブラジルに渡った大原治雄(1909~1999)氏は、17歳でブラジルに渡り、70年余りをブラジルの地で暮らしたそうです。写真に関しては、おもに農作業のかたわら、家族や仲間たちと切り拓き育て上げた広大な農場、そこで働く農民の日常風景、そして愛する家族の姿をこつこつと撮り続けていたとのこと。

2008年、「日本人ブラジル移民100周年」の記念の年に、遺族によりオリジナルプリント、ネガフィルム、写真用機材、蔵書、日記など一連の資料が、ブラジル屈指の写真美術館でありアーカイブである「モレイラ・サーレス財団」(IMS、Instituto Moreira Salles)に寄贈されました。 (展覧会プレスリリースより

 今回は、IMSのコレクションから、約180点のプリント作品、愛用のカメラ、ブラジルに出発してから60年以上日々欠かさず書いていた日記など関連資料も併せて展示。*モレイラ・サーレス財団(IMS)に関しては、美術館サイトよりコチラをどうぞ。


 
 また、去年同氏に関しては、NHKのEテレのドキュメンタリーでも取り上げられたそうです。「移民の国に咲いた花 ~日本・ブラジル120年~」(ETV特集より)

インフォメーション

会場名:高知県立美術館
住所:高知県高知市高須353-2
会期名:大原治雄写真展―ブラジルの光、家族の風景
開催日:2016年4月9日(土)~6月12日(日) 会期中無休
開館時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)初日は10:00からの開展式終了後
観覧料金:一般前売720円・一般900円(720円)・大学生600円(480円) 高校生以下は無料 *( )内は20名以上の団体割引料金。*年間観覧券所持者(2,580円)は無料。*身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳及び被爆者健康手帳所持者とその介護者(1名)、高知県及び高知市の長寿手帳所持者は無料。

美術館サイト

ちなみに…
 こちらの展覧会は、巡回展でこの後、兵庫会場:伊丹市立美術館[2016年6月18日(土)~7月18日(月・祝)]、山梨会場:清里フォトアートミュージアム[2016年10月22日(土)~12月4日(日)]でも開催。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る