青森県立美10周年第一弾。「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【青森県】現在、青森県立美術館では開館10周年記念の第一弾として「オドロイテモ、おどろききれない 森羅万象:棟方志功とその時代」展が開催中です。会期は、2016年4月16日(土)~6月5日(日)まで。版画家・棟方志功(1930-1975)の代表作など166点が展示。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Aomori Museum of Art

「わだばゴッホになる」。

青年期に傾倒したゴッホ風の絵画から、56年のベネチア・ビエンナーレ国際版画大賞受賞作「二菩薩釈迦(ぼさつしゃか)十大弟子」の再現品、郷土の景色を題材にした晩年の作品をたどる趣向になっている。(毎日新聞 執筆者:佐藤裕太氏より

 また、2作品で構成される幅約13メートルの巨大な板画作品「大世界の柵」も展示されるそうです。*展示中の作品「大世界の柵」に関しては、河北新報のサイトで掲載されておりました。

もう一つの転機

民藝運動とともに~師・柳宗悦のもとで

棟方志功は、1936年、初期の代表作「大和し美し」を柳宗悦に見いだされ、柳、河井寛次郎、濱田庄司といった民藝運動の主導者達との交流がはじまりました。棟方は彼らの指導のもと、日本やアジアの伝統、仏教などをはじめとする教養を身につけ、これらを題材に次々に優れた作品を生み出します。(美術館サイトより

 棟方氏自身が所蔵していた柳宗悦の書や河井寛次郎、濱田庄司の茶碗なども展示。
また棟方作品と文学との関わりとして、手がけてきた書籍の装幀や挿絵もご紹介。

インフォメーション

会場名:青森県立美術館
住所:青森県青森市安田字近野185

美術館サイト

ちなみに…
 先週、同館のシンボル、奈良美智作品「あおもり犬(けん)」の清掃作業が行われたそうです。現在は、開館時間に合わせて、眺める事も可能だそうす。
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る