時と風景─未来をつなぐコレクション

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】現在、滋賀県立近代美術館では、所蔵の現代アート作品を中心に「時と風景─未来をつなぐコレクション」とのタイトルで企画展が開催中です。会期は、2016年4月23日(土)~6月26日(日)まで。出展予定作家は、岡田修二、河原温、福岡道雄、三橋節子、宮島達男、アンリ・マチス、クリスト、クリフォード・スティル、ロバート・ラウシェンバーグほか。(敬称略)

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

The Museum of Modern Art
via:663highland

「時」と「風景」の多彩な表現

どのように「時」と向き合い、それをどんな「風景」として表現するのか。その方法は作家や作品によって様々です。古今東西を問わず、作家たちは炭坑のカナリアのようにするどく時代の空気に反応し、過去を見つめ、そして未来へとつながる表現の在り方を模索してきました。とりわけ、20世紀以降の美術作品において、時との接続方法や風景表現のあり方は多様な展開を見せます。(美術館サイトより

 所蔵の現代美術作品を中心に、「時と風景」というテーマにバラエティ豊かな作品を約80点展示。

インフォメーション

会場名:滋賀県立近代美術館
住所:滋賀県大津市瀬田南大萱町1740-1

美術館サイト

ちなみに…
 手前味噌ですが・・・、サイト運営のギャラリーボヤージュ・オンラインショップでは、宮島達男作品を1点のみですが販売しております。(宮島達男「Counter Skin」ページ)「北海道でのワークショップ」 より関係者だけに渡された貴重な作品です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る