いわき市立美術館で5月末まで。巡回展「女性を描く ─ クールベ、ルノワールからマティスまで ─ 展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【福島県】クールベ、ルノワールなど、19世紀後半から20世紀前半にかけて活躍したフランスの画家たちが描いた女性像にスポットをあてた展覧会「女性を描く──クールベ、ルノワールからマティスまで──展」が、いわき市立美術館にて開催中です。会期は、2016年5月29日(日)まで。*こちらは巡回展でこの会期後、全国3会場をまわる予定。

*福島展は会期が終了しております。

IwakiCityArtMuseum
via:Iwsp6

女性表現の多様さ、絵画表現の豊かさ

西欧の絵画では女性は古くから最も重要なモチーフのひとつであり、また、画家の創作意欲を刺激する題材でもありました。女性の美しさ、気高さ、神秘性などをとらえた数多くの女性像は、時代や地域を越えて、現代に生きる私たちをも魅了します。(美術館サイトより

フランス近代美術の女性像

今回展示される主な作品はギュスターヴ・クールベの「回想」(twitter引用より左上)、マリー・ローランサン「ギターを持つ若い女性」(twitter引用より右上)、オーギュスト・ルノワールの「肖像画の習作」(twitter引用より左下)、モイーズ・キスリングの「赤い洋服のモンパルナスのキキ」(twitter引用より右下)などをはじめ、フランスの美術館所蔵作品を中心に47作家、約60点が一堂に会します。(いわき市総合観光案内所 スタッフブログより

 ちなみに引用させていただいた「いわき市総合観光案内所」ブログ。福島JRいわき駅の改札近くにある案内所で、ブログ上では、いわき市内の観光、イベント、四季情報などもご紹介。

インフォメーション

会場名:いわき市立美術館
住所:福島県いわき市平字堂根町4−4

美術館サイト

ちなみに…
 今回の巡回展でスケジュールは以上の予定。
2016年7月16日(土)~8月27日(土)佐世保市博物館 島瀬美術センター
2016年9月3日(土)~10月23日(日)横須賀美術館
2016年10月29日(土)~12月25日(日)浜松市美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る