日本人洋画家が描いた“国立公園”の風景画35点を紹介。「セレクション2016 国立公園絵画」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【栃木県】本日から、日光市の小杉放菴記念日光美術館では、全国の国立公園の風景を描いた作品展「セレクション2016 国立公園絵画」展が開催されました。会期は、2016年7月10日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Secrets of Nikko 日光市

昭和の洋画家たちが描いた国立公園

全国に32カ所ある国立公園のうち、31カ所の作品35点を展示。県内は、田辺三重松(たなべみえまつ)が奥日光の雄大な眺望を描いた「中禅寺湖」、猪熊弦一郎(いのくまげんいちろう)の「塩原の渓流」の2点が並ぶ。(下野新聞「SOON」より

 同館所蔵の国立公園をテーマに描かれた絵画80点に関して詳細は、美術館サイトよりコチラをどうぞ。作品一覧はこちら

インフォメーション

会場名:小杉放菴記念日光美術館
住所:栃木県日光市山内2388-3

美術館サイト

ちなみに…
 日本全国の国立公園に関しては、環境省のサイトをご参照下さい。国立公園一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る