何気ない日常を描く女流画家のパイオニア。国内35年ぶりに横浜で開催。「メアリー・カサット展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】アメリカ人の女性印象派画家、メアリー・カサットの回顧展が国内では35年ぶりに開催。-みなとみらいの横浜美術館では、「メアリー・カサット展」が開催されます。会期は2016年6月25日(土)から9月11日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Mary Cassatt: Tea

あふれる愛とエレガンス

メアリー・カサット(1844-1926)は、米国ペンシルヴェニア州ピッツバーグ郊外の裕福な家庭に生まれました。画家を志し、21歳のときに父親の反対を押し切ってパリに渡りました。古典絵画の研究から出発し、やがて新しい絵画表現を模索するなかでエドガー・ドガと運命的な出会いをとげ、印象派展への参加を決意します。 (美術館サイトより

 晩年の1904年、その業績に対しフランス政府からレジオン・ドヌール勲章も授与。(詳細として、Wikipediaページへ。)
 同展では、カサット自身の油彩画やパステル画、版画の代表作に加え、ドガ、ベルト・モリゾなど交流のあった画家や自身が愛した日本の浮世絵版画など合わせて約100点が展示。

展示構成は

 父親の反対を押し切って渡仏後、ヨーロッパの文化や芸術を吸収し作品制作に研鑽していた第1章「画家としての出発」、ドガとの出会いで、印象派の影響下のなか画風に変化が起きた第2章「印象派との出会い」、1890年以降、浮世絵に感銘を受けた時代の第3章「新しい表現、新しい女性」全3章で構成。
 公式サイトでは、「見どころ」として、さらなる注目ポイントをアピールしてます。(名作「桟敷席にて」、代表作「母子像」の紹介。さらに版画家としてのカサットの側面も。)

 今年の3月には、関連イベントとして、小説家の江國香織さんのトークショーもあったそうです。

インフォメーション

会場名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

また…
 横浜美術館での会期後、京都国立近代美術館≪2016年9月27日(火)~12月4日(日)≫でも開催。

ちなみに…
 今回紹介した「メアリー・カサット展」。当サイトを運営している「ギャラリーボヤージュ」内では、招待・割引券を配置しております。(招待券はわずかです!)ご来店の方対象になりますが、よろしければお立ち寄り下さいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る