汐留で“建築家としてのミケランジェロ”の全貌が公開!「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】本日よりパナソニック 汐留ミュージアムでは、「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」が開催されました。会期は、2016年6月25日(土)から8月28日(日)まで。今回の展覧会は、ミケランジェロ自身による真筆の素描や書簡約35点を含めた70点の作品を展示。さらに建築模型や写真、映像も用いながら、ミケランジェロの建築にスポットを当てる催しとも。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Biblioteca_medicea_laurenziana_interno
via:(Sailko)

イタリア都市景観の祖

イタリア・ルネサンスの巨匠ミケランジェロ・ブオナローティ(1475‐1564)は、彫刻、絵画、建築という視覚芸術の3つの領域において、他の追随をゆるさぬ卓越した人体表現と深い精神性を示しました。人々は彼を「神のごときミケランジェロ」と称えました。(美術館サイトより

その葛藤に満ちた活躍の舞台となったフィレンツェとローマには彼が手がけた建築が、今も都市の景観を形作っています。フィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂新聖具室や附属のラウレンツィアーナ図書館、ローマのカンピドリオ広場やサン・ピエトロ大聖堂ドームの設計の仕事には、同時代の人々を驚嘆させた、新しい装飾の表現形式や空間の取り扱いが不滅の輝きを放っています。(美術館サイトより

展示構成は

 ミケランジェロの活動を関連作品や資料から展望するとともに、ゆかりのある人々と交わした書簡などによって足跡と人物像を紹介する第1章「ミケランジェロ・ブオナローティ」、ミケランジェロの画業を代表する絵画作品の舞台・ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂(Wikipedia)に注目した第2章「ミケランジェロとシスティーナ礼拝堂」、ヴァチカンのサン・ピエトロ大聖堂(トリップアドバイザー)や、フィレンツェの聖ロレンツォ聖堂(トリップアドバイザー)などの建築図面や素描から建築家としてのミケランジェロの足跡を紹介する第3章「建築家ミケランジェロ」全3章で構成。
 さらなる詳細は、美術館サイトよりコチラをどうぞ

ちなみに…
 東京会場「パナソニック 汐留ミュージアム」では、「日本におけるミケランジェロ受容」の紹介として、丹下健三、磯崎新らの資料も展示される予定だそうです。

インフォメーション

会場名:パナソニック 汐留ミュージアム
住所:東京都港区東新橋1−5−1

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る