神戸市立小磯記念美術館で巡回展 「日本近代洋画の巨匠 和田英作展」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【兵庫県】今週末から明治・大正・昭和の日本洋画界で多大な業績を残した和田英作(1874~1959)の回顧展「日本近代洋画の巨匠 和田英作展」が神戸市立小磯記念美術館にて開催されます。会期は、2016年8月13日(土)~10月10日(月・祝)まで。*こちらは巡回展でこの会期後(愛知県の刈谷市美術館、静岡県の佐野美術館と廻って、現在の兵庫県での展覧会)、宮崎県の都城市立美術館へ≪会期:2016年10月22日(土)~11月27日(日)≫

*こちらの兵庫展は会期が終了しております。

Kobe_city_koiso_memorial_museum
via:(663highland)

魅せる洋画 ひとすじの道

本展では、和田の初期作品をはじめ、和田が得意とした肖像画、日本の歴史に題材をとった大作から、終生描き続けた富士や薔薇などの油彩画、 素描や下絵を含めた約80点を一堂に展示、ひとすじに日本人の油絵を追求した姿を明らかにします。 (美術館サイトより

 

和田英作(わだえいさく)

明治7年(1874)-昭和34年(1959)
鹿児島県に生まれ。静岡県清水市で没。

写実的で穏健な親しみやすい作風を築き上げた。(ギャラリーボヤージュサイトより

 原田直次郎、黒田清輝らに学び、黒田創設の「白馬会」の初期メンバー。1943年(昭和18年)には、文化勲章を受章。

インフォメーション

会場名:神戸市立小磯記念美術館
住所:兵庫県神戸市東灘区向洋町中5丁目7

美術館サイト

ちなみに…
 同時開催として、「小磯良平作品選2 特集:働く人びと」も開催。
小磯良平“最大”の作品《働く人びと》(1953年)が公開!
詳細は、「日本近代洋画の巨匠 和田英作展」展覧会チラシよりコチラをどうぞ。(pdfデータ:《働く人びと》の画像は2ページ目。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る