風を可視化する造形。横須賀美術館で企画展「新宮晋の宇宙船」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】世界的造形作家、新宮晋(しんぐう―すすむ)の展覧会「新宮晋の宇宙船」が、横須賀美術館にて開催されます。会期は、2016年11月3日(木・祝)から12月25日(日)まで。*こちらは巡回展として、長崎県美術館でも開催されました。(期間:2016年6月4日(土)~2016年7月10日(日))

*こちらの展覧会は終了しております。

横須賀美術館

無限に広がる宇宙

新宮晋(1937-)は、風や水の流れなどを受けてユニークな動きをみせる屋外彫刻でひろく知られるアーティストです。見る者に自然のエネルギーをあらためて感じさせる作品は、国内のみならず世界各地に設置され、その土地の風景と一体となって親しまれています。 (美術館サイトより

 屋内空間のために生み出された近作・新作14点が公開され、会期中、同館「海の広場」(美術館概要:美術館サイト)にて、風で動く21点の大きな彫刻群も設置されるそうです。

新宮晋(しんぐう すすむ)

昭和12年(1937)-
大阪府豊中市に生まれ。

「無限に広がる宇宙に存在する数えきれない星の中でも、色彩豊かで、様々な光や音が響き合う、とびっきりユニークな星、地球に、 一人の人間としてボクは生まれた。これはどう考えても、奇跡としか言いようがない」新宮晋「この星に生まれて」(本展図録所収)より(美術館サイトより

作家オフィシャルサイト

 ちなみに「NAVER まとめ」上では、同氏についてページが立ち上がっておりました。風の彫刻家 新宮晋 ( Susumu Shingu ) 作品集(NAVERまとめ より)。
 また、兵庫県三田市の県立有馬富士公園内には、「新宮晋 風のミュージアム」(2014年6月開設)という施設があるそうです。*兵庫県のすごい人を紹介するネット情報誌「すごいすと」でも、取り上げております。造形作家 新宮晋さん 取材記(「すごいすと」 より)。

インフォメーション

会場名:横須賀美術館
住所:神奈川県横須賀市鴨居4-1

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る