1920-1930年代パリで活躍したグラフィック・デザイナーの企画展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【埼玉県】フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィック・デザイナー、カッサンドル(1901-1968)の回顧展「カッサンドル・ポスター展 グラフィズムの革命」が埼玉県立近代美術館にて開催されます。会期は、2017年2月11日(土・祝)~3月26日(日)まで。

Cassandre Nord Express
via:(Deskpapers)

没後50年を迎えて

カッサンドルは、ウクライナに生まれ、フランスで活躍した20世紀を代表するグラフィックデザイナーです。キュビスムやバウハウスから影響を受け、1920年代に制作した幾何学的でダイナミックなポスターは、時代の先駆的な表現として、グラフィックデザイン界に「革命」とも言うべき大きなインパクトをもたらしました。(美術館サイトより


 ファッションブランド「BA-TSU」の創業者兼デザイナーである故・松本瑠樹氏のコレクションを通しての展覧会。

アドルフ・ムーロン・カッサンドル(Adolphe Mouron Cassandre)

1901-1968
 様々なポスター作品なども手掛け、舞台芸術家、版画家、タイポグラファーでもありました。
 日本国内では、ノンフィクション作家で小説家でもある沢木耕太郎氏の「深夜特急」の装丁でNORD EXPRESS(北特急)などの作品が使用されました。

表紙のこの船は、フランスのアール・デコの巨匠―A・M・カッサンドルが『ノルマンディ号』というポスターに描いた船です。(カッサンドルの「あの船」が表紙の絵本 サイト「ほんのひきだし」より

 また、イヴ・サンローランのロゴも1963年にカッサンドルが手掛けております。

ちなみに…
 フランスで有名なポスター画家として、レイモン・サヴィニャック(1907-2002)(詳細:「世界中で愛されるレイモン・サヴィニャック ポスター集」NAVERまとめ より)もいますが、サヴィニャックはカッサンドルの助手の時期もあり、その後独立しています。

インフォメーション

会場名:埼玉県立近代美術館
住所:埼玉県さいたま市 浦和区常盤9−30−1

美術館サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る