世界の陶芸家たちが極めた“うつわ”の美。特別企画展「“うつわ”ドラマチック」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】甲賀市信楽町の滋賀県立陶芸の森では、特別企画展「“うつわ”ドラマチック」が開催されます。会期は、2017年3月11日(土)~6月11日(日)まで。世界の陶芸家たちが“うつわ”の中にドラマチックに映し出す、美の競演がご覧になれる展覧会。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

うつわドラマチック

世界各地でつくられた暮らしの中の“うつわ”

“うつわ”とは、まさにやきもののシンボルであるといえるでしょう。また、現代の陶芸において“うつわ”は、用途を離れやきものの美を表現するテーマのひとつになっています。(滋賀県立陶芸の森サイトより

イギリスでは用と美の融合を探求したバーナード・リーチらを先駆けとし、ルーシー・リーに続く作家たちは、使う器から、魅せる“うつわ”へとその美の領域を広げていきました。戦後の国々がたどったそれぞれの 道筋、そしてつくり手たちの個性-。これが “うつわ”の中に、さまざまな国々の特徴とともに映し出されています。(滋賀県立陶芸の森サイトより

展示構成は

 《シーン1 うつわから広がる美/イギリス》、《シーン2 企ての美/アメリカ》、《シーン3 日常×アート ティーポット/アメリカ、カナダ、イギリス》、《シーン4 静物画家モランディへのオマージュ/オーストラリア》、《シーン5 北欧・陶芸とデザイン/デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド》、《シーン6 土の美・釉薬の美/スペイン、スイス》、《シーン7 “うつわ”イマジネーション/オランダ、ドイツ、スイス、チェコ、エストニア、オーストリア》、《シーン8 アイデンティティーを映し出す“うつわ”/台湾、ガーナ》、《シーン9 “うつわ”静寂の美、技の妙/日本》の全9シーンで構成。

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期名:特別企画展「“うつわ”ドラマチック」
開催日:2017年3月11日(土)~2017年6月11日(日)
休館日:月曜日(*3月20日(月)は開館し、3月21日(火)が振替休館になります。)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
観覧料金:一般700円(560円) 高大生500円(400円) ( )内は20名以上の団体料金
*中学生以下および、身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介護者(1名)は無料

美術館サイト

関連行事として…
 下記の内容の催しがあるそうです。
【ギャラリートーク】
申込不要、入館券必要
日時:3月26日(日)、4月30日(日)、5月28日(日) *各日とも13時30分から

【つちっこ“うつわ”講座「オリジナル仕切り皿づくり」】
朝食やランチが楽しくなるお皿をつくってみませんか。
大人も子どもも参加OK。要事前申込
日時:3月25日(土) 13時~16時
講師:桝本 佳子氏 
参加費:子ども1,260円 おとな2,010円

また…
 出品作家にバーナード・リーチ、濱田庄司の名もありますが、現在東京の有楽町・無印良品では、民藝運動の現場を記録した映像が見れる展覧会が3月26日(日)まで開催中です。
会場名:無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 無印良品 有楽町店 2F
会期名:『民藝運動フィルムアーカイブ 名も無き美を求めて 1934-2017』展
開催日:2017年1月27日(金)~3月26日(日)
開催時間:10:00~21:00
入場料:無料

公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る