壮大かつ緻密「ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル『バベルの塔』展 16世紀ネーデルラントの至宝 ーボスを超えてー」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】以前、愛知の岡崎市美術博物館で開催された17世紀バロック絵画展の記事でもふれましたが、ブリューゲルの最高傑作「バベルの塔」が24年ぶりに来日します。その特別展ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展は上野の東京都美術館にて開催。会期は、2017年4月18日(火)~7月2日(日)まで。*こちらは東京展後、7月には大阪でも開催されます。

*こちらの東京展は会期が終了しております。

バベルの塔

驚異の写実「バベルの塔」

 ピーテル・ブリューゲル1世『バベルの塔』 The Tower of Babel (1563) 59.9×74.6cm 

― 昔、人々が天まで届く塔を建設しようとした。
しかし、その野心が神の怒りを買い、
互いの言葉をバラバラの言語にされてしまう。
意思疎通が出来なくなった人々は散っていき、
ついに塔は完成しなかった ―(展覧会チラシ:PDFより

旧約聖書に登場する「バベルの塔」の物語を、ピーテル・ブリューゲル1世は、壮大なスケールの構図と細部の緻密な描写を見事に融合して描いてみせました。地平線まで見渡す風景に屹立する巨塔。そこに描き込まれた建設現場と米粒よりも小さな1400人もの人々。最高傑作と呼ぶにふさわしいブリューゲルの「バベルの塔」が、24年ぶりに来日します。(展覧会チラシ:PDFより

 *同名の画家でもあった長男と区別するため「ブリューゲル(父)」と表記されることありますが、今回は公式サイトを踏まえピーテル・ブリューゲル1世と表記。
 所蔵のボイマンス美術館。正式名は「ボイマンス・ヴァン・ベーニンゲン美術館」。オランダのロッテルダムに位置します。公式サイトはコチラ

「奇想の画家・ボス」の油彩画2点も初来日

副題に「16世紀ネーデルラントの至宝―ボスを超えて」とある通り、ブリューゲルのみならず、彼が手本とした先駆者ヒエロニムス・ボスの油彩2点、そして彼らが生きた時代、16世紀ネーデルラントの絵画、版画、彫刻を全体で約90点の出品作でご紹介します。(美術館サイトより

 ヒエロニムス・ボスは、ルネサンス期のフランドル(オランダ南西部からフランス北東部、ベルギーにかけた地方。かつてフランドル伯の領地)の画家。現在、世界中で約25点しかないとも言われております。(詳細:Wikipedia

展示構成は

 I.「16世紀ネーデルラントの彫刻」、.「信仰に仕えて」、.「ホラント地方の美術」、.「新たな画題へ」、.「奇想の画家ヒエロニムス」、.「ボスのように描く」、.「ブリューゲルの版画」、.「「バベルの塔」へ」の全8章で構成。出品作品リストは、美術館サイトよりコチラをどうぞ。(pdfデータ)。

インフォメーション

会場名:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36

ちなみに…
 大阪展でのスケジュールは以下の通りです。
7月18日(火)~10月15日(日)国立国際美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る