ボストン市民、個人コレクター、企業が築いた所蔵品。「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】明日から東京・上野の東京都美術館では、世界屈指のコレクションを誇るボストン美術館から選りすぐった逸品を紹介する「ボストン美術館の至宝展ー東西の名品、珠玉のコレクション」が開催されます。会期は2017年7月20日(木)~10月9日(月・祝)まで。*こちらの展覧会は巡回展で、東京会場終了後、神戸・名古屋の2会場を廻ります。

mfa

米国屈指の美術館。決定版。

1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵しています。本展は、この素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てます。古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、東西の名品の数々を堪能できる本展にどうぞご期待ください。(公式サイトより

 歌麿や蕭白らによる日本・中国美術の名品、モネやファン・ゴッホを含むフランス絵画のほか、現代美術まで厳選の80点が展示。


 そのゴッホが「ルーラン夫妻」を描いた肖像画が、2点揃って展示されます。日本では初めての機会だそうです。詳細は公式サイトよりコチラをどうぞ。


 この《涅槃図》は、表具をいれると高さは約4.8mにもなる巨大な作品。ボストン美術館でも1度しか展示したことがないそうです。

展示構成は・・・

 1章「古代エジプト美術」、2章「中国美術」、3章「日本美術」、4章「フランス絵画」、5章「アメリカ絵画」、6章「版画・写真」、7章「現代美術」の全7章。3章「日本美術」では、歌麿の《三味線を弾く美人図》や蕭白の《風仙図屏風》が展示。7章「現代美術」では、ウォーホルの《ジャッキー》(1964年)が展示。この作品はケネディ大統領の元大統領夫人ジャクリーンの肖像作品です。構成についての詳細は、公式サイトよりコチラをどうぞ。

インフォメーション

会場名:東京都美術館
住所:東京都台東区上野公園8-36

ちなみに…
 今回の巡回展。スケジュールは以下の予定です。
2017年10月28日(土)~2018年2月4日(日)神戸市立博物館
2018年2月18日(日)~7月1日(日)名古屋ボストン美術館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る