エネルギッシュな創作活動の全貌。「篠原有司男展 ギュウちゃん、“前衛の道”爆走60年」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【愛知県】刈谷市美術館では、ニューヨークを拠点に活動をしている“ギュウちゃん”こと、篠原有司男(しのはらうしお)の展覧会「篠原有司男展 ギュウちゃん、“前衛の道”爆走60年」が開催されます。会期は2017年9月16日(土)から11月5日(日)まで。明日の初日9月16日(土)には、イベントとして作家ご本人によるボクシング・ペインティングの公開制作もあるそうです。

Ushio Shinohara

良いときも、悪いときも

本展覧会では、ギュウちゃんの60年にわたる創作の軌跡を、絵画、立体、ドローイング、版画など約100点の作品と関連資料でご紹介します。1960年代の日本美術に大きな足跡を残す初期の作品の中から、モヒカン刈りの姿で制作する貴重な記録写真をはじめ、他人の作品を真似するイミテーション・アート、幕末浮世絵を大胆な表現でデフォルメした花魁シリーズなどを展示。 (美術館サイトより

ちなみに…
 先月紹介した札幌国際芸術祭(期間:8月6日(日)~ 10月1日(日)〈57日間〉紹介ページ)にも参加されております。

インフォメーション

会場名:刈谷市美術館
住所:愛知県刈谷市住吉町4-5

美術館サイト

関連イベントは…
 はじめにもお伝えした展覧会初日のイベント「ボクシング・ペインティング公開制作」「ギュウちゃん先生と一緒につくろう! オバケ・モーターサイクル」(募集締め切り)やワークショップ、学芸員によるギャラリー・トークなども会期中開催されるそうです。くわしくは、美術館サイトよりコチラをどうぞ。

さらに…
 近郊で徒歩16分ほどにある映画館「刈谷日劇」(刈谷市御幸町4-208 愛三ビル5F)では、2013年公開された篠原有司男・乃り子ご夫妻の姿を追ったドキュメンタリー作品「キューティー&ボクサー」が会期中、毎日上映されるそうです。こちらでも9/16(土)会期初日の日に篠原有司男・乃り子による舞台あいさつもあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る