裸体の表現は様々。「ヌード NUDE - 英国テート・コレクションより」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】裸体表現の200年。―「ヌード」にテーマを絞った意欲的な企画展「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」が横浜美術館にて開催されます。会期は2018年3月24日(土)から6月24日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Rodin_The_Kiss
via:(Wikimedia)

ロダンの大理石彫刻《接吻》が日本初公開!

本展は、世界屈指の西洋近現代美術コレクションを誇る英国テートの所蔵作品により、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現の歴史を紐ときます。 (美術館サイトより

 ターナー、ヘンリー・ムーア、マティス、ピカソ、ピエール・ボナール、フランシス・ベーコンなどの作家による絵画・彫刻・版画・写真など、19世紀後半から現代まで「ヌード」の作品約130点が集結。

展示構成は

 1.「物語とヌード」、2.「親密な眼差し」、3.「モダン・ヌード」、4.「エロティック・ヌード」、5.「レアリスムとシュルレアリスム」、6.「肉体を捉える筆触」、7.「身体の政治性」、8.「儚き身体」の全8章で構成。

インフォメーション

会場名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る