滋賀県立陶芸の森にて開催。「ジャズ・スピリットを感じて・・・熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】戦後の前衛陶芸を率いた熊倉順吉の陶芸と、1970年代のクラフトデザイン運動の盛り上がりの中、産地信楽から刺激を受けた日常の器もあわせて紹介する特別展「ジャズ・スピリットを感じて・・・熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち」が滋賀県立陶芸の森にて開催されます。期間は、2018年3月10日(土)~6月17日(日)まで。

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち

新しい信楽焼の発信

戦後の前衛陶芸は、新しい時代の情熱に溢れた作家たちのエネルギーに満ちていました。伝統的な陶芸が主流であった中で、前衛陶芸のパイオニアのひとりとして造形的な作品を生み出していた熊倉順吉は、常に何が伝統であるかを問いかけ、真の伝統の担い手とは、社会に根差し実験的で創造的な精神であると記しています。熊倉順吉は強烈なサウンド、ジャズから時代精神を受け止め、ジャズの響きを土でうけとめようと試みる中で、信楽焼の日常のやきものの釉薬や技法をヒントに、新しく鮮烈な作品に仕上げました。(滋賀県立陶芸の森サイトより

 また、この企画を通して熊倉氏の熱い精神に触れ、信楽で滞在制作した若手作家たちの作品も併せて展示。

展示構成は

 第1章ジャズに魅せられた熊倉順吉、第2章熊倉順吉の陶芸とクラフトデザイン、第3章信楽と関わった熊倉へのオマージュ 21世紀の陶芸家たち(陶芸の森創作研修館のゲスト、スタジオアーティストから安藤 郁子、石山 哲也、田中 哲也、今野 朋子、村山 まりあ、原 菜央、福岡 佑梨、谷口 明子:敬称略)の全3章で構成。

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期名:特別企画「ジャズ・スピリットを感じて・・・熊倉順吉の陶芸×21世紀の陶芸家たち」展
開催日:2018年3月10日(土)~6月17日(日)(87日間)
休館日:毎週月曜日(ただし10/9(月・祝)は開館し、10/10は振替休館)
入場料:一般600円(480円)、高大生450円(360円)、中学生以下無料。 *( )内は20名以上の団体料金

美術館サイト

関連企画は…
(1)熊倉が訪れていた頃の信楽 写真展「50年前の信楽 海外に初めて信楽焼を紹介した研究者 ルイズ・コート」(仮称)
第一会場:陶芸館ギャラリー、2018年3月10日(土)~ 6月17日(日)
第二会場:FUJIKI(信楽地域連携拠点)2018年3月10日(土)~ 4月15日(日)
(2)熊倉順吉の愛好していたナンバーを聞きながら~ジャズとともに作品を鑑賞
ソニー・ロリーンズなど熊倉が好きだったアーティストからピックアップ。 
(3)ギャラリー・トーク(学芸員による展示解説)2018年4月30日(月・祝)、5月27日(日)各日とも13時30分~

出品作品紹介

《第1章 ジャズに魅せられた熊倉順吉》

【作品写真左】
作家名:熊倉順吉
作品名:飛翔するSOUND 
制作年:1981
サイズ:51.0×52.0×33.0㎝
解説:1970年代から熊倉は、日常的に「不安定で混沌への情熱を秘めたフリージャズのサウンド」に浸っていたといいます。そして、ジャズの響きを何とか土で受けとめてみることができないかと、ジャズからインスピレーションを受けた作品を制作していました。音空間を作品にした『飛翔するSOUND』はジャズシリーズの代表作のひとつです。

【作品写真右】
作家名:熊倉順吉
作品名:ブルースマン
制作年:1980
サイズ:38.0×40.0×31.0㎝
解説:幅広い音楽を聞き、音楽から時代の呼吸を捉えようと試みていた熊倉順吉。音楽家たちが音の創造に己を賭ける姿勢にも学ぶ点が多いと熊倉は語っていました。ブルースを歌うミュージシャンの胸元に、人の顔を描いた金色のネックレスが光っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る