滋賀県立陶芸の森にて開催。特別企画「世界の形象土器」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】世界の土器が集結する特別企画「世界の形象土器」展が滋賀県立陶芸の森にて開催されます。期間は、2018年6月24日(日)~9月24日(月・祝)まで。

「世界の形象土器」展

暮らしの中の祈りや営みを映し出すやきもの

世界の国々でつくられている土器は、自然の中の精霊や祖霊、あがめられている動物がうつわの模様や造形に表現され、その土地の素材である粘土や独特の手法によって制作されています。それらには、人々の暮らしの中の祈りや願いが込められており、これらの形象土器はそれぞれの国の特徴を示す芸術であるといえるでしょう。(滋賀県立陶芸の森サイトより

 同展では、当館が1990年の現地調査等を経て収集した、アジアはインド、インドネシア、オセアニアはパプアニューギニア、中南米はメキシコ、グァテマラ、ペルーなどの世界各地の形象土器の数々を展観。

展示構成は

第1章.アジア
インド・・・ダルバンガ、オランガバード、ウダイプール、バスタ、ゴアルパラ、パンチ、ダルバガ、カチ ラバリ、バンクラ、グリニ
インドネシア・・・プレレッド、カソンガン、バリ島ペジャテン ジャワ島バヤット 
第2章.オセアニア
パプアニューギニア・・・アイボム、ディミリ、セリキム、カマンガウィ、ズミム、パッサム
第3章.中南米
メキシコ・・・ゲレロ、メテペック、グナファト、トナラ
ペルー・・・アヤクーチョ、プカラ、アマゾン、チルカナス
ガテマラ・・・トトニカバン の全3章で構成。

インフォメーション

会場:滋賀県立陶芸の森 陶芸館 展示室
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期名:特別企画「世界の形象土器」展
開催日:平成30年6月24日(日)~9月24日(月・祝)
休館日:毎週月曜日 (7/16、9/17、9/24は開館し、翌日振替休館)
主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
後援:滋賀県教育委員会、甲賀市
入場料:一般500円(400円)、高大生380円(300円)、*中学生以下、滋賀県在住65歳以上の方無料 (  )内20人以上の団体料金

美術館サイト

ちなみに…
 同時期に滋賀県立陶芸の森 陶芸館ギャラリーでは、
アーティスト・イン・レジデンス企画展「思い出は世界の海の向こうに」The Artist in Residence Program Exhibition「The Memories beyond the sea」を開催。
開催日:6月24日(日)~7月8日(日)
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入場料:無料
「思い出は世界の海の向こうに」

*FUJIKI(陶芸の森地域連携拠点)〒529-1851 滋賀県甲賀市信楽町長野903-1を会場に陶芸の森アーティスト・イン・レジデンスにスタジオ・アーティストとして参加している、ルイザ・メイゼル氏の作品展示も開催します。
会期名:アーティスト・イン・レジデンス企画展「Luisa Maisel-swirls & pearls-」
開催日:6月21日(木)~6月27日(水)
開館時間:10時00分~17時
入場料:無料
アーティストトーク:平成30年6月21日(木)16時00分~
「Luisa Maisel-swirls & pearls-」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る