初期から最晩年までのモネ作品と、後世代の作家たちに与えた影響も探る。「モネ それからの100年」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【神奈川県】みなとみらいの横浜美術館では、印象派の巨匠クロード・モネ(1840-1926)の企画展「モネ それからの100年」が開催されます。会期は2018年7月14日(土)から9月24日(月・休)まで。*こちらの展覧会は巡回展で先行で名古屋市美術館でも開催されました。(期間:2018年4月25日(水)〜7月1日(日))

*こちらの展覧会は会期が終了しております。

Claude Monet

モネは、いまも生きている

印象派を代表する画家クロード・モネが、画業の集大成となる《睡蓮》大装飾画の制作に着手してから約100年。ひたすらに風景を見つめ、描き続けたモネの作品は、今日にいたるまで私たちを魅了してやみません。(美術館サイトより

躍動する線。響きあう色。ゆらめく光や大気の一瞬をとらえる眼差し。風景にもぐり込んでいくようなクローズアップによって、描かれたイメージが、逆に画面を超えてどこまでも続いていくかに思わせる《睡蓮》の広がり――こうしたモネの絵画の特質・独創性は、現代の作家たちにも、さまざまなかたちで引き継がれています。(美術館サイトより

 同展では、初期から晩年まで、日本初公開を含む約30点を展示。

モネの魅力を現代アートと比較し再考

 モネ作品自身の魅力も多々ありますが、今回の展覧会では約30作家の現代アートと対峙させることで、モネ芸術の神髄に迫ろうという主旨でもあり、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、ロイ・リキテンスタイン、アンディ・ウォーホル、堂本尚郎、中西夏之、福田美蘭、鈴木理策らの作品も展示されます。

展示構成は

 第1章「新しい絵画へ ― 立ちあがる色彩と筆触」、第2章「形なきものへの眼差し ― 光、大気、水」、第3章「モネへのオマージュ ― さまざまな「引用」のかたち」、第4章「フレームを越えて ― 拡張するイメージと空間」の全4章で構成。第1章では、日本初公開となる《ヴィレの風景》が展示。モネがパリ郊外のジヴェルニーへ移住した年に描かれた作品で、木立の間からセーヌ河と丘を望む風景画です。さらなる詳細は美術館サイトのプレスリリースよりコチラをどうぞ。(pdfデータ)。

インフォメーション

会場名:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1

ちなみに…
 会期中、関連イベントとして出品作家のお一人でもある写真家・鈴木理策 氏のワークショップもあるそうです。詳細は特設サイトよりコチラをどうぞ。他のイベントとしては、学芸員によるギャラリートークや子どものアトリエ親子講座の催しもあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る