現代の多彩な陶芸を展望しながら湖国・滋賀の魅力に迫る。特別企画「湖国・滋賀の陶芸-風土と伝統そして交流のなかで」展

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】滋賀県立陶芸の森では、特別企画「湖国・滋賀の陶芸-風土と伝統そして交流のなかで」展が開催されます。会期は2020年7月18日(土)~9月22日(火・祝)まで。滋賀の現代陶芸をテーマに、湖国を舞台に創作活動を展開する作家の取り組みを紹介する展覧会です。

*新型コロナウィルス感染症の状況により、予定を変更若しくは中止する場合があります。最新の情報は「滋賀県立陶芸の森」ウェブサイトにてご確認ください。

湖国・滋賀の陶芸-風土と伝統そして交流のなかで01

風土と伝統そして交流のなかで

古来より風光明媚な景勝地として、多くの人々に親しまれてきた湖国・滋賀。びわ湖を抱くこの地は良質の陶土を育み、豊かなやきもの文化をつくりだしてきました。中世古窯のひとつ信楽焼をはじめ、近世には街道と〈まち〉を中心に、多彩な陶窯が開かれています。今日ではそうした風土や伝統に魅せられ、各地で幅広い作家たちが活動しています。(滋賀県立陶芸の森サイトより

展示構成

滋賀の作家40人と窯24件の作品97点が出品。
◆湖国の自然に魅せられて  ◆信楽の伝統ととともに
◆さまざまな出会いのなかで ◆特設コーナー「近江の陶窯」

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
会期:2020年7月18日(土)~2020年9月22日(火・祝)まで
休館日:毎週月曜日(8/10・9/21開館、8/11振替休館)
入館料:一般500円(400円)、高大生380円(300円)、中学生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
後援:滋賀県教育委員会、甲賀市、NHK大津放送局

美術館サイト

ちなみに…
同ギャラリートーク 7月19日(日)・8月16日(日)各日とも13:30~
ビデオ上映「信楽焼・湖東焼解説ビデオ」展覧会会期中随時 開催。

*新型コロナウィルス感染症の状況により、予定を変更若しくは中止する場合があります。最新の情報は「滋賀県立陶芸の森」ウェブサイトにてご確認ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る