注目される日米欧5人のアーティストが共演!特別展「Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【滋賀県】滋賀県立陶芸の森では、特別展「Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端」が開催されます。会期は2021年6月29日(火)から12月19日(日)まで。土と対話しながら生み出される土のアートの最先端を、「日本・アメリカ・ヨーロッパ」今、注目される5人のアーティストたちによる「人や動物」をテーマにした展覧会です。

*新型コロナウイルス感染症の状況により、会期の変更もしくは中止する場合があります。最新の情報は「滋賀県立陶芸の森」ウェブサイトにてご確認ください。

Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端1

「土のアート」の最先端

近年ますますアートとデザイン、陶芸と彫刻といった領域の境界線が曖昧さを増してきています。それは日本だけでなく海外でも、土をあらためて造形の素材として捉えられることで、土のさまざまな可能性が見いだされているのです。そこには、陶芸の素材ならではの土の可塑性や焼成方法はもとより、自然と人間との関わりなど、さまざまな現代の要素が浮き彫りにされています。(滋賀県立陶芸の森サイトより

人や動物は原初からのモチーフですが、彼らは土の特徴を生かしつつ、スピード感や躍動感、リアリティ溢れる個性的な表現で、人間の心理や動物の本能を探りながら心に浮かんだ形を表現し、命を吹き込んでいます。(滋賀県立陶芸の森サイトより

Human and Animal 土に吹き込まれた命 21世紀陶芸の最先端2

同展では、霊長類学・人類学者でありゴリラ研究で知られる京都大学前総長山極壽一氏に、動物たちの世界を通して、「動物と私たち人間との橋渡し」としてもご紹介。

出品作家

べス・カヴェナー Beth Cavener(1972- 、アメリカ)
日本初公開のべス・カヴェナーの作品。迫力の目力で見るものを圧倒させる。カヴェナーは、社会の中で気詰まりを感じる人間の心理を、動物の中に表現する。

ステファニー・クエール Stephanie Quayle(1982- 、イギリス)
動物たちの仕草を、生き生きと土で表現している。クエールは、動物たちと向き合い野生に触れながら作品を制作する。

奈良 美智 Yoshitomo Nara(1959- 、日本)
「誰もいない土曜日の創作室(あなたはいるけど)」と名付けられたどこか懐かしい空間に、陶芸作品につながるドローイングや新作を加えた陶芸作品が並ぶ。これまでの10年余りの間に制作された奈良の陶芸作品に出合える機会は、数少ない。

スーザン・ホールズ Susan Halls(1966- 、イギリス)
うつわを制作するように、内側からふくらませて動物をつくりあげる。イギリス陶芸の中で動物を作り続けた異色の存在。1990年代の代表作と近年の作品を展示。

キム・シモンソン Kim Simonsson(1974- 、フィンランド)
人間や動物の造形を通して、社会のタブーと日本の“かわいい”に象徴されるポップカルチャーを結びつけた独特の世界をつくり出す。初期作から、近年の鮮やかな緑色のモス・シリーズまでを紹介。

インフォメーション

会場名:滋賀県立陶芸の森 陶芸館
住所:滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7
期間:2021年06月29日(火)~2021年12月19日(日)
会期:Part1-子どもたちとともに -6月29日(火)~9月5日(日)
Part2- アーティストたちに迫る- 9月18日(土)~12月19日(日)
休館日:月曜日(8/9、9/20は開館し、翌日に振替休館)
入館料:一般:750円(600円)/高大生:560円(450円)/中学生以下 無料
*( )内は20名以上の団体料金
主催:滋賀県立陶芸の森、京都新聞
後援:滋賀県教育委員会、甲賀市
企画協力:ヒュース・テン

美術館サイト

ちなみに…
会期中のイベントも開催されます。
(1).我が家の癒し!スマイル・アニマル画像大募集
陶芸の森陶芸館公式インスタグラムアカウントをフォローして、
ご自慢の動物たちの笑顔画像をお送りください。会期中、コメントとともに展覧会会場にて展示します。

(2).ギャラリー・トーク
8月11日(水)、9月23日(木・祝)、11月23日(火・祝)
*各日とも13:30から

(3).陶芸館ギャラリー企画
・「子どもたちの土の造形-本物との出会いから やきものどうぶつ大集合!」展
つちっこプログラムで制作された、小学校の子どもたちのやきもの作品を展示!
日時: 2021年7月17日(土)~ 8月29日(日)

・「森で生まれたHuman and Animal」展
日時: 2021年9月18日(土)~ 10月17日(日)

・「日本六古窯パネル」展
日時: 2021年10月21日(木)~ 10月31日(日)

・アーティスト・イン・レジデンス企画展「陶芸の森×台湾文化センター」
日時: 2021年11月6日(土)~ 11月28日(日)

・「陶芸館・新収蔵の逸品」 展
日時: 2021年12月4日(土)~ 12月19日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る