ドイツのフォルクヴァング美術館と協力。「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【東京23区】上野の国立西洋美術館のリニューアルを記念して、ヨーロッパの印象派の巨匠などによる自然をテーマにした作品を集めた展覧会「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」が開催中です。会期は、2022年9月11日(日)まで。

*新型コロナウイルス感染症の状況により、予定の変更などの場合があります。最新の情報は美術館サイトにてご確認ください。

「自然と人のダイアローグ フリードリヒ、モネ、ゴッホからリヒターまで」01

西洋美術の巨匠たちによる、自然をめぐる100の物語・・・

国立西洋美術館リニューアルオープン記念として、ドイツ・エッセンのフォルクヴァング美術館の協力を得て、自然と人の対話(ダイアローグ)から生まれた近代の芸術の展開をたどる展覧会を開催します。(美術館サイトより

フォルクヴァング美術館と国立西洋美術館は、同時代を生きたカール・エルンスト・オストハウス(1874-1921)と松方幸次郎(1866-1950)の個人コレクションをもとに設立された美術館です。(美術館サイトより

今回は両館のコレクションから、印象派とポスト印象派を軸にドイツ・ロマン主義から20世紀絵画までの100点を超える絵画や素描、版画、写真が展示。ゴッホをはじめ、マネ、モネ、セザンヌ、ゴーガン、シニャック、ノルデ、ホドラー、エルンストなど、西洋絵画の巨匠たちによる競演です。出品リストは、PDFファイルですが、美術館サイトよりコチラをどうぞ。

ゴッホが晩年に取り組んだ風景画の代表作

同展覧会で見どころの1つの作品。晩年、精神を病み、療養していたファン・ゴッホが描いた風景画の代表作《刈り入れ(刈り入れをする人のいるサン=ポール病院裏の麦畑)》がドイツより初来日。最終章の第4章「天と地のあいだ、循環する時間」で展示されます。

インフォメーション

会場名:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7

ちなみに…
第1章「空を流れる時間」で、ドイツが生んだ現代アートの巨匠ゲルハルト・リヒターのフォト・ペインティング作品《雲》(1970)が登場しますが、現在東京・竹橋の東京国立近代美術館では個展「ゲルハルト・リヒター展」も開催中です。

美術館サイトへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トップへ戻る