世界最大級のコレクション、日本初上陸。「フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線」

展覧会ニュース
Add a one-line explanation of what this file represents

【東京23区】新宿のSOMPO美術館では、ロートレックの個人コレクションとして、最大級のフィロス・コレクションより選抜された展覧会「フィロス・コレクション ロートレック展 時をつかむ線」が開催されます。会期は6月22日(土)から9月23日(月)まで。

Add a one-line explanation of what this file represents


(wikimedia)

劇場の喧騒が聞こえる―。

19世紀末フランスを代表する画家、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック(1864年―1901年)の展覧会です。(美術館サイトより

ロートレックによる紙作品の個人コレクションとしては世界最大級のフィロス・コレクションより、約240点を展示。

フィロス・コレクションの最大の特徴である素描作品に始まり、ポスターを中心とする版画作品、雑誌や書籍のための挿絵、ロートレックが家族や知人にあてた手紙、ロートレックの私的な写真など、画家に肉薄した作品と資料で構成する展示です。(美術館サイトより

ロートレックは生涯約30点のポスターを制作。同展では、そのロートレックのポスターから21点が出品。
また同コレクションの中から重要な素描作品、約45点も紹介。

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

1864-1901
南フランスのアルビで生まれる。

ミュシャと並ぶ20世紀初頭ポスター美術の先駆者。
パリ・モンマルトルで娼婦や夜の盛り場に集まる人々を生き生きと描き、1891年「ムーラン・ルージュのラ・グリュー」が認められたことからポスター画家としての地位を確立。(ギャラリーボヤージュサイトより

パリの歓楽街をこよなく愛し、夜の世界で生活する人々の様相を鋭い観察眼と大胆な構図の中に描き出した。

展示構成は

第1章「素描」、第2章「ロートレックの世界」、第3章「出版‐雑誌、歌曲集、書籍」、第4章「ポスター」、第5章「私的生活と晩年」の全5章で構成。詳細は、美術館サイトのプレスリリースよりコチラをどうぞ。(pdfデータ)。

インフォメーション

会場名:SOMPO美術館
住所:東京都新宿区西新宿1-26-1

なお…
現在、長期休館中の丸の内にある三菱一号館美術館でも今年11月にロートレックに関しての展覧会が開催されるそうです。
再開館記念「『不在』―ソフィ・カルとトゥールーズ=ロートレック」[2024年11月23日(土・祝)~2025年1月26日(日)]。
詳細は、美術館サイトよりコチラをどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました